神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

湯河原町 Webで交流、子どもたち (一社)ユガラボがネットで展開

教育

公開:2020年5月9日

  • X
  • LINE
  • hatena
ネットで交流する子どもたち(ユガラボ提供)
ネットで交流する子どもたち(ユガラボ提供)

 湯河原町内で子どもから高齢者まで多世代の交流の場を提供している「ゆがわらっことつくる多世代の居場所」(運営団体/一般社団法人ユガラボ)が、子どもたちのためにオンライン会議システム(Zoom)を利用した交流の場を立ち上げた。子どもたちはネット上に設けられた「居場所」で友達との会話や学習に励んでいる。

 コロナ禍で休校している間も子どもたちの日常を、湯河原の地域の力で安心して過ごせる学びの場をつくりたいというユガラボ代表の山田貴子さんらの思いから始まった取り組み。町内で行っている活動をインターネット上で展開したもので、スタッフが進行役となり子どもたちの交流や学びを画面上で促す。4月に開かれた居場所は午前9時30分から午後3時、朝のあいさつから始まり、各自がやりたいことに取り組んだり英語や工作、遊びなどが行われた。

 多世代の居場所は、2016年に町と慶應義塾大学SFC研究所の共催でスタートした。18年からは、町と一般社団法人ユガラボの共催事業として活動を継続、町内に拠点を構え多世代交流を行っていた。そんな中、コロナ禍で学校は休校し、感染拡大予防から拠点は活動休止となった。山田さんは「子どもたちが1日の予定を決めて過ごしている。居場所を通して自分の未来は自分で創れるということを体感してくれれば」と話している。

 対象は湯河原町の未就学児から高校生。入退室自由。端末やネット環境のない家庭向けのレンタルもある。5月も開催しており、参加方法や開催日など詳細は、ホームページhttps://online.yuga-lab.org/を参照。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

「飛鳥III」就航前に公開

町立湯河原美術館

「飛鳥III」就航前に公開

画家の平松礼二さん 特別展

7月20日

危険な暑さに「避難場所」

小田原市

危険な暑さに「避難場所」

民間と公共23施設を指定

7月20日

開館30周年で記念企画

小田原市立中央図書館

開館30周年で記念企画

市民連携で「出会う機会を」

7月13日

巡る箱根芸術祭、初開催

巡る箱根芸術祭、初開催

7月19日から、約20会場で

7月13日

真鶴で100人のパレード

西湘クィアプライド

真鶴で100人のパレード

LGBTQ+、知る契機に

7月6日

見守りサービス認知向上へ

小田原市

見守りサービス認知向上へ

推進協議会を設立

7月6日

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月20日0:00更新

  • 7月13日0:00更新

  • 6月29日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ビーチカルチャーを発信

小田原サーフィン協会

ビーチカルチャーを発信

御幸の浜でイベント

7月28日~7月28日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 1/Fゆらぎ

    元セリエA記者・佐藤貴洋がFリーグ解析

    1/Fゆらぎ

    1/fゆらぎのような「五感に響く心地よさ」をFリーグで

    7月13日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook