「納め包丁」で商売繁盛祈願 買受人組合有志が大山詣

文化

掲載号:2020年8月29日号

  • LINE
  • hatena
奉納された包丁の前に座る関係者ら
奉納された包丁の前に座る関係者ら

 鮮魚商や仲買人らで組織する、小田原魚市場買受人組合の有志が「納め包丁講」を結成し、8月10日に大山詣りに初めて訪れた。大山詣りでは、江戸時代から庶民の間で木製の太刀を奉納する「納め太刀」が伝統的に行われているが、水産関係者らが太刀に代わり包丁を納め、商売繁盛や疫病退散などを祈願した。

 大山はその山容が海上からもよく見ることができたため、羅針盤の役目を果たし、海洋の守り神、大漁の神として漁業関係者からも信仰を集めてきた。日ごろから、刃物の取り扱いに深く携わる、水産関係者らで組織する同組合の有志らは、自然の恵みに感謝するため、寿命を迎えた包丁を木太刀の代わりに奉納する「納め包丁」を2017年から実施。これまでは伊勢原市観光協会などが主催する行事「納め太刀ウオーク」に併せて包丁を送っていたが、今回は「納め包丁講」を結成し、初めて単独で大山詣りを行った。

 この日は小田原市や秦野市、伊勢原市の組合員ら11人が、大山詣りの伝統的なスタイルの白い行衣を着て、大山阿夫利神社を訪問。不要になった包丁で、組合員のほか一般からも集めたもの約100本を奉納した。社務局では祈願祭が執り行われ、神職が祝詞を奏上して、商売繁盛や疫病退散を祈願した。その後、一行はケーブルカーを利用して下社へ移動して、神社を参拝した。

 小田原駅前で鮮魚商「魚國商店」を経営する組合長の古川孝昭さん(67)は、「大事に使っていても寿命がきた包丁を、感謝を込めて納めさせて頂いた。できれば、この行事を毎年続けていけたら」と話した。

 奉納された包丁は、リサイクルされる予定という。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

伊豆山を継続支援

小田原白梅ライオンズ

伊豆山を継続支援 社会

約30万円を現地に送金

9月18日号

風魔忍者を募集中

小田原市観光協会

風魔忍者を募集中 文化

殺陣習得でショー出演

9月18日号

古典芸能で幕開け

小田原三の丸ホール

古典芸能で幕開け 文化

文化・芸術 創造の拠点に

9月18日号

小田原市がスマホ教室

小田原市がスマホ教室 社会

携帯販売事業者4社と協定

9月18日号

防犯、青少年育成などの力に

防犯、青少年育成などの力に 社会

小田原遊技場組合が寄付

9月18日号

もしかして摂食障害?

当事者・支援者・家族向けセミナー

もしかして摂食障害? 社会

10月9日 UMECO

9月18日号

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林の魅力 満喫する1日

小田原市いこいの森

森林の魅力 満喫する1日

10月2日(土)に人気イベント「きまつり」

10月2日~10月2日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook