横浜銀行の理事・小田原支店長を務める 山本 博文さん 小田原市出身 55歳

掲載号:2020年10月10日号

  • LINE
  • hatena

地域の熱き応援団長

 ○…笑顔が絶えない元気印。「やまちゃん」の愛称で親しまれている。入行してから営業畑一筋。根っからの現場主義で、ほとんど会社にはいない。商工会議所の部会長やおだわらSDGs実行委員会の委員など、職業の垣根を越えて地域活性化に果敢に挑む。

 ○…生まれ育った小田原に支店長として戻ってきたのは2年前。海、山、川からの風を感じる地元が大好きでたまらない。かまぼこ通りを駆け回り、海で泳いで遊んだ幼少時代。野球少年で、1番センターの俊足好打で鳴らした。最近は息子と六大学野球観戦を楽しみにしているが、プレーはゴルフに夢中なのだとか。早朝から魚市場で働いていた親の姿を懐かしみ、「俺の体は鰤(ぶり)と鯵(あじ)とミカンでできている」と誇らしげに話す。

 ○…小田原高校では持ち前の大きな声とリーダーシップで応援団長を務めた。明治大学で経営学を専攻すると、まちづくりに関心を持った。「行政やあらゆる業種の人と直接的に関り、経済の潤滑油になりたい」。バブル景気の真っただ中、メガバンクではなく地元の横浜銀行を就職先に選んだのは、若い頃から血が通った仕事にまい進する先輩に憧れたからだった。

 ○…横浜銀行の理事として、県西2市8町の10支店を統括する。コロナ禍で地域経済が苦境に立たされる中、次のビジネスモデルを一緒に考えていくことを大切にしている。大事なのは決算書ではなく、経営者の瞳の奥にある未来へのビジョン。「地方創生に取り組むのが銀行の使命。地域を愛して、地域のためにできる人でありたい」。人に会い、声を聞き、現場を見る、そして応援する。ドラッカーが説く「真摯」を人生訓に、姿勢を正し、熱心に、地域を応援し続ける。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

萩野 剛将さん

文化堂印刷(株)で事業開発を行う

萩野 剛将さん

小田原市酒匂在住 30歳

5月1日号

矢端 雅子さん

株式会社ジェイコム湘南・神奈川 西湘局の局長に就任した

矢端 雅子さん

小田原市板橋勤務 55歳

4月24日号

井上 康樹さん

4月1日から箱根町の教育長を務める

井上 康樹さん

開成町在住 61歳

4月17日号

高橋 貴博さん

全国優勝した少年ソフトボール選抜チーム「西湘」の監督を務める

高橋 貴博さん

小田原市酒匂在住 57歳

4月10日号

高橋 剛司(たけし)さん

ミナカ小田原の総支配人を務める

高橋 剛司(たけし)さん

小田原市城山在住 56歳

4月3日号

式町 水晶(みずき)さん

脳性麻痺を抱えながらもバイオリニストとして活躍し、今月個人事務所を設立した

式町 水晶(みずき)さん

小田原市中村原在住 24歳

3月27日号

シロアリのことなら三和消毒へ!

4~6月はシロアリ舞う季節。今なら床下無料健康診断を実施中!

http://www.sanwa-tpc.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter