相洋高陸上部 石川優さん自己新で銅 日本選手権女子100m

スポーツ

掲載号:2020年10月10日号

  • LINE
  • hatena
表彰台に上がる石川さん=本人提供
表彰台に上がる石川さん=本人提供

 日本陸上競技選手権大会が10月1日から3日に新潟市・デンカビッグスワンスタジアムで行われ、相洋高校3年の石川優さんが女子100mで11秒66をマークし3位に入った。初出場となる国内最高峰の舞台で、自身が持つ県高校記録を塗り替えての銅メダル。「メダルがどうしてもほしくて。めちゃくちゃうれしい」と笑顔が弾けた。

仲間のためにも「何か得て帰りたい」

 昨年日本一に輝くなど先輩の偉業を側で感じ、「伝統をつなぐ」強い意志で主将を務めてきた。コロナ禍で目標だった高校総体が中止になるなど、もどかしい気持ちを抱えた今季。自身は選手権出場を決めていたが、苦楽をともにした2人の3年女子部員は引退を選んでいた。「一緒に走ってきた同期に気持ちを寄せて走りたい。自分も何かを得て帰るんだ」との思いで今大会に挑んだ。

 予選・準決勝と自己ベストを連発し、好調のまま進んだ決勝。「失敗できないな」。ここで初めて昨夏IH(インターハイ)で失格となったスタートが一瞬頭をよぎったという。だが「しまった、と思わず切り替えよう」と、後半力強いストライドで猛追。スタート強化とともに「力まず追い込む」練習も直前まで取り組んだ成果を大一番で発揮した。

 レース前、同期から『がんばれ』のLINEが届いていたという。「2人の名前を思う浮かべ一緒に走れた」とほころんだ石川さん。満面の笑みで仲間のもとへ―胸には幾重の思いが詰まったメダルが輝いている。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

輝きに満ちた作品100点

輝きに満ちた作品100点 文化

アール・ド・ヴィーヴル展

10月24日号

満開の秋桜を「どうぞ」

満開の秋桜を「どうぞ」 文化

11月1日 一夜城で摘み取り

10月24日号

小田原と歌舞伎の歴史

小田原と歌舞伎の歴史 文化

UMECOで展示

10月24日号

音楽室机に抗菌マット

音楽室机に抗菌マット 社会

(株)スズキ 酒匂中へ寄贈

10月24日号

恐竜ワールドにご案内

恐竜ワールドにご案内 教育

J:COMがオンライン授業

10月24日号

地元ゲームを惜敗

地元ゲームを惜敗 スポーツ

Fリーグ湘南ベルマーレ

10月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月24日号

お問い合わせ

外部リンク