小田原市新病院 現地で2026年度開院 市、基本計画素案示す

社会

掲載号:2020年10月24日号

  • LINE
  • hatena
基本計画素案に示された「建物配置計画」の図(※実際の規模・配置等は設計段階で決定する)
基本計画素案に示された「建物配置計画」の図(※実際の規模・配置等は設計段階で決定する)

 小田原市は10月16日、施設老朽化などを理由に建て替を検討している市立病院の「新病院基本計画(素案)」を明らかにした。建設地を現在の病院敷地内として、2026年度の開院を目指すとしている。

 同計画素案は、小田原市新病院建設調査特別委員会で示された。建て替え事業の基本的な考え方を示した「小田原市立病院再整備基本構想」(19年12月策定)等をもとに、新病院の機能や建設条件などを具体的に整理したもの。「地域医療連携」「救急医療」「災害医療」の強化など9項目で構成している。

 内容では、総事業費が約288億円で基本構想から60億円程度増加した。市立病院病院再整備課では「(基本構想の)価格算出当時から本体工事費の単価が上昇した。また2階3層の立体駐車場を含む付帯工事費や、建設地を現地としたことで文化財調査など関連事業費が増えた」と説明している。開院時期を25年度中から26年度中へと遅らせたことには「文化財調査が24カ月かかる」ことが主な理由とした。

 同計画素案は、市議会各会派の意見等を同特別委員会で取りまとめ「意見書」を市長宛てに提出する予定。市では、提出される意見書の内容を踏まえ、早ければ12月議会に基本計画の議案を上程する考えだ。

 基本計画素案は市HP(市議会ページ)から閲覧できる。

ラスカ茅ヶ崎・平塚・小田原

11月26日(木)から29日(日)はJREポイント5倍キャンペーンを実施!

http://www.lusca.co.jp/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

修学旅行代替行事始まる

小田原市小学校

修学旅行代替行事始まる 教育

第3波による再検討も

11月21日号

「フェアプレー」で初勝利

サッカーチームボアソルチ

「フェアプレー」で初勝利 スポーツ

特別支援級の生徒が所属

11月21日号

来年3月に営業休止

オービックビル

来年3月に営業休止 経済

14階建てマンションを計画

11月14日号

GoToで活気戻る

箱根観光

GoToで活気戻る 経済

宿泊施設も回復傾向に

11月14日号

今年はドライブスルーで

今年はドライブスルーで 経済

「街なか小田原おでん」

11月7日号

ナラ枯れ被害が拡大

1市3町

ナラ枯れ被害が拡大 社会

県が情報提供を呼び掛け

11月7日号

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク