足柄版 掲載号:2015年7月18日号 エリアトップへ

南足柄市郷土資料館 800点のカメラ展 構想3年、収集家と出会い実現

文化

掲載号:2015年7月18日号

  • LINE
  • hatena
右から笠間館長、小寺さん、大塚さん
右から笠間館長、小寺さん、大塚さん

 大正から昭和、平成にかけて国内外で製造されたカメラ約800点を展示する企画展『昭和を写したカメラたち』が、今日18日から南足柄市郷土資料館(笠間吉高館長)で始まる。いずれも個人所蔵のカメラで専門誌のバックナンバーなども揃えた。企画展は8月30日まで。

 郷土資料館の笠間館長(61)が構想3年で実現させたのが今回の「カメラ展」。所せましと並ぶ約800点は相模原市中央区に住むコレクター大塚由五郎さん(68)が30年かけて集めた約3千点の一部。知人で厚木市中町の小寺政光さん(77)も20点余りを出品する。

 富士フイルムの企業城下町として発展した南足柄市の特徴を活かし、笠間館長は郷土資料館での「カメラ展」の構想を温めていた。 昨年秋に清川村の「宮ヶ瀬水の郷観光案内所」で大塚さんが個人展を開催していることを知り宮ケ瀬に足を運び、大塚さんに南足柄での開催を打診した。「多くの人に見てもらいたい」とかねてから考えていた大塚さんもこれを快諾して、今回の企画展開催に向けた準備が始まった。

 「子どもの頃からカメラに興味があった」と話す大塚さんは30代になると本格的に収集を始め、骨董店やリサイクル店などに通った。「カメラ博物館を作る夢もあったが現実には難しく断念した」とも話す。

 集めたカメラは大正から昭和にかけて製造された木製カメラや蛇腹カメラ、ボックスハンドカメラ、バルナックカメラ、マニュアル一眼レフや二眼レフ、ポラロイドカメラ、携帯電話のカメラにまで至る。

 笠間館長は「当時欲しかったり、憧れたりしたカメラと出会い、昔話に花を咲かせてほしい」と観覧を呼び掛けている。

 この企画展のために笠間館長が3年がかりで収集した地域のパネル写真約50点と、市内のカメラ店で使用されていた富士フイルムのノボリや包装紙なども「敬意をこめて」展示した。  入館料大人400円(小人200円)。午前9時から午後4時半。期間中は月曜・7月21・22日休館。

 問い合わせは南足柄市郷土資料館【電話】0465・73・4570へ。

すべて現役のカメラだという
すべて現役のカメラだという

足柄版のトップニュース最新6

大阪桐蔭高が5年連続公演

大阪桐蔭高が5年連続公演 文化

南足柄コンサートが定着化

11月16日号

ミャンマーから実習生

ミャンマーから実習生 社会

「草の家」と「和らぎ」

11月16日号

小玉佳吾選手が全国へ

100人カイギ 行政と連携

足柄峠通行止め続く

足柄峠通行止め続く 経済

地蔵堂で山側のり面崩落

11月2日号

市川咲希さん 文科大臣賞

市川咲希さん 文科大臣賞 文化

伊勢神宮奉納書道展 高校生の部

11月2日号

今度こそは かくれんぼ

今度こそは かくれんぼ 社会

11月9日 松田町で日本選手権

10月26日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク