足柄版 掲載号:2015年11月14日号 エリアトップへ

35周年を迎えたコーラスグループ「混声ポピン」の代表を務める 山梨 まみゑさん 大井町金子在住 74歳

掲載号:2015年11月14日号

  • LINE
  • hatena

35年の想いを歌声に

 ○…大井町民を中心に31人が所属するコーラスグループ「混声ポピン」の代表として、35周年記念コンサートの実行委員長も兼任する。11月29日の本番を前にメンバーの気持ちもまとまってきた。「息が合った時のハーモニーをぜひ感じてもらいたい。35年間で作り上げてきた”心に響く歌声”を観客の皆さんに届けられたら」。仲間と1年半かけて準備を進めてきた集大成を見せるつもりだ。

 ○…もともとは子育て中の母親のサークル「母親クラブ」の活動として、子どもと一緒に歌っていた程度だった。町内在住のピアノ講師を指導者に迎え、2年後には女声コーラスグループ「ポピンコール」を立ち上げ、町の文化協会に加盟。次第に活動は本格化していった。98年に国体の大井町会場で披露した100人で合唱したことがきっかけで男性が加わり、混声合唱団となり、2013年には文化庁主催の国民文化祭に出場するまでになった。35年続けられてきた秘訣を尋ねると「メンバーの協力があってこそ」と仲間の存在を一番に挙げる。

 ○…小田原市生まれ。西湘高校を卒業後、建築事務所で働き、23歳で結婚。1女1男の子にも恵まれ、70年に大井町に移り住んだ。現在は夫と息子、共働きで忙しく働く長女の孫を預かり一緒に暮らし、一家の要としてパワフルに動きまわっている。「今年大学生になった上の孫が、渋沢にある娘夫婦の家に戻った。少しさみしくなりますね」。

 ○…「来年は”第九”に挑戦しようという話もある」。35年の間にメンバーの入れ替わりもあるが、「歌うことが好き」というメンバーの根底にある気持ちは昔も今も変わらない。「長いことやっていると、やることが固まってきてしまうので、若い人の感性や外部団体との交流が、新しい方向性を見出す刺激になる」。35年で培ってきた信念を守りながら40年、50年と進化していく合唱団の未来が「楽しみ」だ。

足柄版の人物風土記最新6

古屋 沙樹さん

日本人で初めて国際的な映画音楽コンクールでトップ10入りした

古屋 沙樹さん

南足柄市在住 30歳

7月31日号

相田 一己(かずみ)さん

神奈川県内唯一の山岳救助技能指導官を務める

相田 一己(かずみ)さん

山北町在住 55歳

7月17日号

秋山 勝さん

東京地方税理士会小田原支部の支部長に就任した

秋山 勝さん

小田原市城山在住 59歳

7月10日号

遠藤 康弘さん

さがみ信用金庫の新理事長に就任した

遠藤 康弘さん

開成町在住 65歳

7月3日号

高村 雅美さん

Judy’s Dinerを経営する

高村 雅美さん

南足柄市在住 46歳

6月26日号

山本 茂富さん

画家兼バッジ製作者として活動する

山本 茂富さん

二宮町在住 62歳

6月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月17日0:00更新

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月31日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter