足柄版 掲載号:2019年7月6日号 エリアトップへ

第101回全国高校野球選手権神奈川大会開会式で始球式を行う 渡辺 元智さん 松田町出身 74歳

掲載号:2019年7月6日号

  • LINE
  • hatena

野球とは人生の縮図

 ○…「野球を楽しむことはもちろん大事。しかし高校野球は仲間と共に我慢や忍耐力、強調性を身につける格好のステージ」。明日開幕する第101回全国高校野球選手権神奈川大会を前に「人生の縮図がすべて9イニングに詰まっている」と常々語る野球に勤しむ青少年にメッセージを送る。

 ○…田んぼでの三角ベースから時には危険な遊びまで。松田町は「原点」とのちに監督として甲子園通算51勝、全国優勝5回を成し遂げることになる少年は自然の中で生きる知恵を身につけた。半世紀務めた横浜高校野球部監督を退くと松田町ふるさと大使に就任。「この歳で里帰りできたことも野球のつながり」と感慨深げに微笑み「いつまでも昔のまま」と第二の故郷への思いは不変だ。

 ○…我が子のように育てた孫・佳明さん(現・東北楽天)はプロ野球の世界へ進んだ。「祖父の優しさだけではここまでの成長はなかった。父親の顔で厳しく、愛情を注いできた。我々が無理であろうと思ったことも佳明は自分自身の意志と努力で乗り越えた」。入団1年目から一軍で活躍する姿を先日、横浜スタジアムのスタンドから目の当たりにし「あのパノラマの向こうで野球をする楽しさが伝わってきたことがうれしい限り」

 ○…野球人口の減少、球数制限など様々な議論が飛び交う昨今。「たくさん議論を重ね、素晴らしい野球観を作り出すことが大切」とした上で、「大人が線を引いてあげることも大事だが自分の限界までトライする姿勢がその先の人生の糧になる」と投げかける。「失敗や挫折から学び、高校野球で得た経験をやがて進む社会で活かしてほしい」。明日の始球式では50年間携わった高校野球への「感謝」と野球の「発展」への希望を込めた一球を「全力」で投じる。

足柄版の人物風土記最新6

相田 一己(かずみ)さん

神奈川県内唯一の山岳救助技能指導官を務める

相田 一己(かずみ)さん

山北町在住 55歳

7月17日号

秋山 勝さん

東京地方税理士会小田原支部の支部長に就任した

秋山 勝さん

小田原市城山在住 59歳

7月10日号

遠藤 康弘さん

さがみ信用金庫の新理事長に就任した

遠藤 康弘さん

開成町在住 65歳

7月3日号

高村 雅美さん

Judy’s Dinerを経営する

高村 雅美さん

南足柄市在住 46歳

6月26日号

山本 茂富さん

画家兼バッジ製作者として活動する

山本 茂富さん

二宮町在住 62歳

6月19日号

児玉 洋一さん

神奈川県町村議会議長会の会長に就任した

児玉 洋一さん

山北町在住 47歳

6月12日号

あっとほーむデスク

  • 7月17日0:00更新

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter