足柄版 掲載号:2019年8月31日号 エリアトップへ

高校野球の審判員を21年間務めた 笠間 真二さん 南足柄市中沼在住 60歳

掲載号:2019年8月31日号

  • LINE
  • hatena

誰よりも公平中立に

 ○…今夏の第101回全国高校野球選手権神奈川大会の決勝戦、日大藤沢対東海大相模戦で一塁塁審を務めたことを最後に高校野球審判人生にピリオドを打った。「終わったという実感がない。秋季大会でジャッジをしなくなると少しは寂しさが出てくるのかな」

 ○…球審を初めて務めた試合は今も忘れない。ランナー二・三塁の場面で打球が捕手のミットをかすめ、後方に転がった。両手を高く挙げ「ファールボール」を宣告しようとしたその時、目の前に座った捕手がいちもくさんにボールを追ったのだ。「その一瞬でタイミングを逃した」と振り返る通り、ランナーがホームインして得点につながった。それ以降「自信をもってジャッジすること」を心がけてきた。「今でもあの時のことは覚えている。その後は手が挙げられなかったということは一度もなかった」と話す。

 ○…印刷会社で勤務する傍ら南足柄市野球協会に所属し草野球や中学、高校の試合で審判員として精を出す。2007年の横浜高校対東海大相模の一戦では後に語り継がれた「振り逃げ3ラン」で試合展開が大きく左右された。これを受けて足柄上、南足柄の学校を対象にルール講習会を始めた。テキストも自前で作成し「意外と分からないことが沢山ある。これを覚えておけば損はしないというルールを教えています」と熱を入れている。

 ○…「よく見てあげたいという思いが強いほど見えない部分もある」とプレーの最前線の存在であるからこその困難とも戦ってきた。すべては「一度しかない高校野球人生を私たちが簡単に終わらせられない」という一心があるから。定年を迎え、高校野球の公式戦でのジャッジは引退となるがこれからも地元、そして神奈川球界の発展のために右腕を上げていく。

足柄版の人物風土記最新6

武藤 輝夫さん

開成弥一芋研究会会長の

武藤 輝夫さん

開成町金井島在住 79歳

10月19日号

深見 まさ子さん

二科展の絵画部門で内閣総理大臣賞を受賞した

深見 まさ子さん

大井町金子在住 

10月12日号

田中 悟志さん

日本認知科学会で招待講演を行った浜松医科大の准教授

田中 悟志さん

南足柄市出身 43歳

10月5日号

江島 紘(ひろし)さん

足柄地域の多くの市町も参加する小田原市ラグビー・オリパラ活性化委員会の会長を務める

江島 紘(ひろし)さん

小田原市城山在住 76歳

9月28日号

飯田 勝宏さん

松田山にコキアの里を開園する

飯田 勝宏さん

松田町松田惣領在住 74歳

9月21日号

坪井 浩司さん

松田町と連携してフィットネスジム運営をスタートする

坪井 浩司さん

大井町金手在住 31歳

9月14日号

荒井 俊明さん

公益社団法人小田原薬剤師会の会長に就任した

荒井 俊明さん

小田原市鴨宮在住 54歳

9月7日号

医療から介護まで

看護師・介護士(常勤・非常勤) 募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク