足柄版 掲載号:2019年11月30日号 エリアトップへ

U─20日本選手権女子走り幅跳びで2位に入賞した 藤山 有希さん 南足柄市壗下在住 18歳

掲載号:2019年11月30日号

  • LINE
  • hatena

 ○…高校陸上の走り幅跳びで沖縄インターハイ3位、国民体育大会3位、高校最後の全国大会となったU―20日本選手権で2位となり、有終の美で締めた。「自己ベストで優勝したいと思っていたので悔しさもあるけれど最後に結果を残せてよかった」と晴れやかな笑みを浮かべた。

 ○…「投げてよし、走ってよし」の野球少年ならぬ少女。「気付いたらグラウンドにいた」と小学2年から地元の狩野エンジェルスに所属し、足柄台中に進学した当初も硬式野球のクラブチームで続けたが、中1の夏に出場した陸上大会で思わぬ好記録が出たことを機に「陸上が楽しい」と目覚める。その後は陸上競技一本に絞り、走り幅跳びと200mに勤しんだ。中3の秋には国民体育大会で中学記録6m20をたたき出すと、その名が一気に全国区となる。「自分の跳躍のため。甲子園にも応援に行けるかも」とタテジマに思いを抱き、東海大相模高校に進学したが苦難の連続だった。2年間は度重なる怪我と不調に悩まされ、何度も心が折れた。しかし、2年春に小野大輔顧問に「全力でサポートするから全力で競技に向き合いなさい」という言葉で競技ができない間の練習に一層励んだ。

 ○…「小学生の頃からずっと通っている」という大雄山道了尊がパワースポット。大自然溢れる雰囲気もお気に入りで試合前後には必ず参拝に行き英気を養う。また、地元のキャラクター「よいしょの金太郎」を校内でも広め、南足柄市のPRにも一役買っている。

 ○…「スイッチが入って今まで以上にオーラを放っていた」と小野顧問が語るU─20日本選手権。高校トップの好成績でこれまでの苦難を振り払った。「大学では6m50を跳びたい」。ここから再び挑戦の始まりだ。
 

足柄版の人物風土記最新6

込山 英弥さん

立花学園高等学校理事長・校長を務める

込山 英弥さん

松田町出身 66歳

1月25日号

加藤 かいさん

南足柄市でオリーブを生産する

加藤 かいさん

南足柄市岩原在住 38歳

1月18日号

鳥海 忠明さん

介護のチカラで南足柄を一番にする会NEXT10の代表を務める

鳥海 忠明さん

南足柄市和田河原在住 45歳

1月11日号

なつめさん

ファーストミニアルバム「I」をリリースした

なつめさん

南足柄市在住 22歳

1月4日号

鈴木 敬太さん

1月1日付であしがらJCの理事長に就任した

鈴木 敬太さん

開成町みなみ在住 35歳

1月1日号

石田 精二さん

江戸角凧の展示会を行う

石田 精二さん

山北町向原在住 72歳

12月21日号

山岸 榮市さん

虫沢古道を守る会会長の

山岸 榮市さん

松田町寄在住 71歳

12月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月25日号

お問い合わせ

外部リンク