足柄版 掲載号:2019年12月21日号 エリアトップへ

江戸角凧の展示会を行う 石田 精二さん 山北町向原在住 72歳

掲載号:2019年12月21日号

  • LINE
  • hatena

舞い上がれ大空高く

 ○…山北町生涯学習センターロビーで今月28日(土)から来年1月19日(日)まで日本の伝統和凧の一つである江戸角凧の展示会を行う。昔と同じ方法で制作しているが「私はただ趣味でやっているだけ」と謙遜するものの、今年の町民文化祭に出展した時に寄せられた反響の高さからその腕前は確かなものだ。

 ○…山北町向原出身。小、中学校の帰りに近所の大工さんの現場を訪ね、木材の切れ端をもらい、工作していたというほど手先が器用だった少年時代。高校卒業と同時に機関士に憧れ、国鉄に就職すると、新幹線に配属され、27歳で運転士の試験に合格した。それから定年まで30年以上。運転席で東京から新大阪間のすべての乗客の安心と安全を守った。凧との出会いは、定年後に趣味で始めたカメラから。浜松まつりで行われていた「凧揚げ合戦」を撮影しながら「俺にもできるんじゃないか」と凧作りを始めた。

 ○…結婚後、5年ほど大磯に住んでたときに投げ釣りをはじめ、「すべてに共通して言えることは凝り性ということ」と笑うが、趣味のすべてに全力を注ぐのは、この頃から。自分が仕かけたエサが海中でどうなっているかを確かめるために素潜りで海に入ったこともあるのだとか。

 ○…凧の制作に欠かせない骨組みに使用する竹ひごは、地元の藪で切り出した真竹を使う。およそ2年間乾燥させ、1本1本削って作る。「大空に舞い上がる凧を見てほしい」と願いを込めるが、展示会ではその姿は見られない。しかし、大口河川敷で上げることが日課で、「自然との対話」と表すその勇姿を見られるチャンスもある。「折り畳みの凧を作りたいな。地元で凧作りからやってみたい方。一緒にやりましょう」

足柄版の人物風土記最新6

相田 一己(かずみ)さん

神奈川県内唯一の山岳救助技能指導官を務める

相田 一己(かずみ)さん

山北町在住 55歳

7月17日号

秋山 勝さん

東京地方税理士会小田原支部の支部長に就任した

秋山 勝さん

小田原市城山在住 59歳

7月10日号

遠藤 康弘さん

さがみ信用金庫の新理事長に就任した

遠藤 康弘さん

開成町在住 65歳

7月3日号

高村 雅美さん

Judy’s Dinerを経営する

高村 雅美さん

南足柄市在住 46歳

6月26日号

山本 茂富さん

画家兼バッジ製作者として活動する

山本 茂富さん

二宮町在住 62歳

6月19日号

児玉 洋一さん

神奈川県町村議会議長会の会長に就任した

児玉 洋一さん

山北町在住 47歳

6月12日号

あっとほーむデスク

  • 7月17日0:00更新

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter