神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
足柄版 公開:2024年6月1日 エリアトップへ

南足柄市消防団の団長として南足柄の防災活動の中心を担う 菊地 真樹さん 南足柄市広町在住 53歳

公開:2024年6月1日

  • X
  • LINE
  • hatena

いざという時、最前線

  ○…総勢198人の団員をまとめるべく4月に南足柄市消防団の団長に就任した。団は2年前から効率的運営のため、9分団から7分団制に変更した。火災や最近頻発する集中豪雨などの自然災害時の対応、火災予防の広報活動などに尽力する。3月には全国約2200団の中から優秀消防団として特別表彰「まとい」も受章している。「南足柄は伝統的に消防意識が高く、消防署員の後方支援だけでなく、いざという時には最前線にたち、”火を消す消防団”としての活動してきた」と胸を張る。

 ○…消防団には1997年に入団した。07年からは分団長に就任、4年間務めた後、慣例で一時団員を退いた。19年に周囲の強い後押しを受け、本部の副団長に就任した。コロナ禍、団の活動が制限され厳しい運営を強いられる最中、団を支えてきた。「皆さん仕事がある中、積極的に活動していただいて助かっている。指示しなくても自発的に動いていただいている」

 ○…妻と2人の息子の四人暮らし。近隣の製造業の会社に勤める。趣味は10年程前から始めたロードバイクで、休みになると地元・足柄の山で懸命にペダルを漕ぐ。その距離は毎回約60Kmにも及ぶという。「山を登り切った時の達成感が魅力。足柄は自転車に適した山々が多いので恵まれていますね」

 ○…ここ数年、広報活動を行う機能別団員による積極的なPR活動もあり、少しずつ団員も増えてきてはいる。しかし、継続的な課題であることは変わらない。分団長も大半が40代で、本部の理事も50代が中心だ。「若い人が自分の意見を出し合い、活動しているのが特長。その良い風土を、私たちの後の世代に引き継いでいきたい」と優しい笑みをみせた。

足柄版の人物風土記最新6

石黒 愛子さん

大井町良い映画を見る会の代表として7月28日こども映画会を上映する

石黒 愛子さん

大井町金子在住 75歳

7月20日

小野 清美さん

南足柄市食育ボランティアぱせりの会の会長として料理教室などを行う

小野 清美さん

南足柄市関本在住 70歳

7月13日

加藤 健治さん

句集「足柄峠」を6月20日に発刊した

加藤 健治さん

南足柄市向田在住 87歳

7月6日

茂木 哲夫さん

機関紙足柄乃文化第51号を発行した山北町地方史研究会の会長を務める

茂木 哲夫さん

山北町平山在住 82歳

6月29日

町田 憲司さん

神奈川県山林種苗協同組合の元理事長として令和6年度神奈川県県民功労者表彰を受賞した

町田 憲司さん

南足柄市広町在住 81歳

6月22日

田渕 康男さん

5月に山北町農業委員会の会長に就任し、山北の農業を牽引していく

田渕 康男さん

山北町岸在住 71歳

6月15日

桧家住宅

7月13日㈯、14日㈰現地販売会開催

https://www.hinokiya.jp/bunjyo/kanagawa/202307/56345.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月20日0:00更新

  • 7月13日0:00更新

  • 6月29日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook