秦野版 掲載号:2016年4月21日号 エリアトップへ

菩提滝の沢保存会 山の神々に祈る 伝統の信仰行事

文化

掲載号:2016年4月21日号

  • LINE
  • hatena
不動の滝のそばに祀られる「滝の沢不動明王像」
不動の滝のそばに祀られる「滝の沢不動明王像」

 秦野市菩提地区の新田川上流、不動の滝にある菩提滝の沢不動尊や、周辺の神社などで4月17日、この地域に伝わる祭典が行われた。

 菩提地域には集落単位でつくられた小さな神社や石像、それにちなんだ信仰行事が多く残っている。自治会の一組織として1985年に発足した菩提滝の沢保存会(古谷勝二会長・61人)は、歴史的遺産や伝統文化を記録・継承する活動を続けてきた。

 毎年行われるこの祭典では、不動尊を始め、山神(やまのかみ)や風神(かぜのかみ)などが祀られる12カ所の神社や石像を、会員が参詣し、菩提地区の家内安全、五穀豊穣、諸願成就を祈る。

 当日は風雨の中、会員らが菩提上会館に集合。不動龍神の掛け軸や、赤飯を包んだ藁皿(わらさら)や酒、住民らに配布する476枚のお札を並べ、定源寺(じょうげんじ)(秦野市菩提)の成瀬貴行(きこう)住職(52)と共に祈祷を行い、その後、山中の参拝場所へ向かった。

 参道は山道で、場所によっては急で狭い。荒天の中、不動の滝や菩提風神社へ行くのに20分以上歩いた会員もいた。赤飯や酒を供え、参詣を終えた頃に雲が切れ始め、会員らは明るくなった空を仰ぎ喜んでいた。

 古谷会長は「菩提では数年来、大きな災害もなく、安泰に過ごせています。荒天でのお参りでしたが、けがなく終える事ができて良かったです」と話した。

雨の中、祈りを捧げる会員ら
雨の中、祈りを捧げる会員ら
赤飯を包んだ藁皿
赤飯を包んだ藁皿

秦野版のトップニュース最新6

愛称「はだのっ子キッチン」に

給食センター

愛称「はだのっ子キッチン」に 社会

市内中学生から募集

7月23日号

女性初のふるさと大使に

野球選手加藤優さん

女性初のふるさと大使に 政治

通算6人目、23日に就任

7月23日号

音楽通じて五輪身近に

本町公民館

音楽通じて五輪身近に 文化

歴代開催国の曲を演奏

7月16日号

シャッターで街を面白く

シャッターで街を面白く 社会

第1弾が7月中に完成予定

7月16日号

秦野にロープウェイ!?

秦野にロープウェイ!? 経済

市がベンチャー企業と協定

7月9日号

市内一部に被害

東海・関東豪雨

市内一部に被害 社会

土砂災害等に今後も警戒

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter