秦野版 掲載号:2016年11月26日号 エリアトップへ

11月20日に設立された五行詩歌を楽しむ「歌会はだの」の代表を務める 飯田 敏一さん 今泉在住 68歳

掲載号:2016年11月26日号

  • LINE
  • hatena

五行に気持ちを乗せて

 ○…「秦野で生まれ育ちました」。1948年、4人姉弟の3番目、長男として生を受けた。南小、南中、秦野高卒業まで秦野で育ち、神奈川大学へ進学。在学中、「英語を生かせる接客業で働きたい」と決意し、卒業後、東急ホテルに入社。

 ○…若い時は、仕事柄不規則な暮らしが時には辛く感じたが、「飯田さんに会いたくなってまた来たよ」。そう言ってもらえることが何よりも嬉しく、やりがいに繋がった。「いろいろなお客様がいる。ワンパターンでは接客ができない」と感じ、「引き出し」を増やそうと本や新聞に目を通した。

 ○…2000年、利用客から「五行詩歌をやってみないか」と誘われた。最初は「おつきあい」で参加したが、「好きな言葉を歌にできて、添削されることもないので、誰でも気軽に楽しくできる」とすぐ夢中になった。

 ○…定年後、地元自治会の副会長と会長を計7年務めた。「引っ越してきた人と昔からの住民が交流できる場を作りたい」と毎年自ら耕していたもち米を使って餅つき大会を開催している。臼は自宅の庭にあったというケヤキの木から作られたという年代物。今では毎年の風物詩となっており、「いつも30人くらい来てもらっている。餅つきをすると、これで正月が来るんだなと実感するんだよ」と感慨深げに語る。

 ○…今後の目標は、70代、80代の人たちに、1人でも多く歌会に参加してもらうこと。「家にいないで、歌会に来てほしい。今の思いや気持ちを言葉で表現することで、イキイキとした第2の人生を送れる。毎回笑いが溢れ、楽しくにぎやか。参加者はみんな若いよ」と胸を張る。参加した人がまた新たな人を誘ってくるような地域文化を作りたいと意欲を見せる。「秦野は街があり、山がある。都会ではあまり見られない季節の移ろいが感じられて好きなんだよ」。穏やかな口調と柔らかな表情の中に、地元への熱い思いを感じた。

はだの地域福祉総合相談センター

「きゃっち。」相談員募集(問)秦野市社協0463-84-7711

https://www.vnhadano.com/

N響楽団員によるコンサート

新進建設モデルハウス「桧の香」で開催

https://shinshin-homes.com/

<PR>

秦野版の人物風土記最新6

中村 元彦さん

(一社)神奈川県サッカー協会初の技術担当専任(現FAコーチ)を務める

中村 元彦さん

横浜市緑区三保町在住 50歳

1月21日号

莉玲(りれい)さん(本名:秋場莉玲)

手話ソングパフォーマーとして活躍する

莉玲(りれい)さん(本名:秋場莉玲)

堀山下在住 52歳

1月14日号

小野 莉愛(まりあ)さん

2022年秦野市新成人のつどい実行委員長を務める

小野 莉愛(まりあ)さん

本町在住 20歳

1月7日号

今野 翔さん

秦野青年会議所(秦野JC)の2022年度理事長に就任した

今野 翔さん

曽屋在住 39歳

1月1日号

佐藤 久美子さん

30周年記念作品展を行うキルトサークル「フラッグキルト」の代表を務める

佐藤 久美子さん

堀川在住 66歳

12月24日号

沼田 良雄さん

秦野市農業協同組合 青パパイヤ研究会の会長を務める

沼田 良雄さん

鶴巻在住 75歳

12月17日号

高橋まさかず

秦野を変える実現力。高橋まさかず 5つの誓い2022

https://takahashi-m.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook