秦野版 掲載号:2017年1月26日号 エリアトップへ

桂林寺 大数珠で百万遍念仏 地域の信仰行事再興へ

文化

掲載号:2017年1月26日号

  • LINE
  • hatena
念仏に合わせて大数珠を回す参加者
念仏に合わせて大数珠を回す参加者

 秦野市堀西の浄土宗「桂林寺」(竹石光仁住職)で1月18日、大数珠を数人で回しながら南無阿弥陀仏と唱える「百万遍念仏」が行われた。同寺の周辺地域で近年まで続いていたが、途絶えてしまった信仰行事を再興しようという試みだ。

 百万遍念仏は、極楽往生や故人の供養などを祈祷する目的で、念仏を百万回唱えること。

 秦野周辺では、江戸時代に念仏を唱えて日本各地を回り多くの信仰を集めた「徳本(とくほん)行者」によって広められ、桂林寺を中心に念仏講が盛んに行われたという。

 同寺に伝わる百万遍念仏で使う金属製のかね「双板」には、江戸後期の文政5年(1822年)と彫られている。

 同寺周辺の「黒木・欠畑(がけばた)地区」では、大数珠を各家で持ち回りながら百万遍念仏が10年ほど前まで続けられていた。時代の流れとともについに途絶え、大数珠は地区会館に保管されたままになっていた。

 5年ほど前、それを見た黒木地区の百瀬正子さん(70)が「このままでは良くない」と竹石住職に相談し、寺で預かっていたという。

 大数珠が納められていた木箱には、「相州大住郡堀黒木大日堂什物」「安政四巳八月三日」と刻まれた鉦や、「明治廿三年」という文字や参加者の氏名が書かれた紙束なども入っていた。

 今年同寺の浄土宗改宗450年と、徳本行者の200回忌を迎え、改めて百万遍念仏を実施することになった。

 この日、本堂に集まったのは檀家ら13人。竹石住職が南無阿弥陀仏と108回唱える間の約5分間、時計と反対周りに数珠を回していった。百瀬さんも参加して「数珠も喜んでいるようだった」と笑顔で話した。

 竹石住職は「移り変わりの早い現代だからこそ、200年にわたり続いてきた地域の信仰に光をあて、心の拠り所のひとつになれば。今後、再び浸透していくか楽しみです」と話した。

百万遍念仏の参加者名などを記した紙束
百万遍念仏の参加者名などを記した紙束

秦野版のトップニュース最新6

みんなのベンチ設置

大根地区

みんなのベンチ設置 社会

坂道途中の休憩所に

5月20日号

ホタル復活へ本格始動

くずはの家

ホタル復活へ本格始動 社会

「とんぼのせせらぎ」復旧

5月20日号

1枚の絵に“秦野”込め

秦野総合高近颯夏さん

1枚の絵に“秦野”込め 教育

NEXCOのエコバッグに

5月13日号

“エンディング応援”を開始

“エンディング応援”を開始 社会

秦野市社協が新事業

5月13日号

版画作品で優秀な成績

鶴巻の山田姉妹

版画作品で優秀な成績 社会

鉄印コンと年賀コン

5月6日号

「母の日」控え出荷最盛

「母の日」控え出荷最盛 社会

市内のカーネーション農園

5月6日号

秦野市北矢名 猫を探しています

キジトラ白 短いしっぽが特徴 連絡先 原田090-6167-7977

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第4回・27歳まで僕は「逃げ続けた」

    5月20日号

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第3回・もがくほど深みに

    5月13日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook