秦野版 掲載号:2018年1月19日号 エリアトップへ

道祖神やおでん売り歩く 東町と開戸町で男児の伝統行事

文化

掲載号:2018年1月19日号

  • LINE
  • hatena
正月飾りを手に地域を巡る子ども
正月飾りを手に地域を巡る子ども

 秦野市西大竹の東(あずま)町と開戸(かいど)町で1月8日、男児が家々を訪ね、正月飾りを回収しながら道祖神の石や手作りのお札を売り歩く伝統行事「石売り」が行われた。13日と14日には母親たちが作ったおでんを男児が売り歩き、14日に嶽神社(西大竹281)でどんど焼きを実施。道祖神は後日回収され元の場所に戻された。

 石売りは明治時代中ごろから続くとされる行事で、石を買うと子どもに病気や災いが起きないと伝えられている。お札の作り方や石の値段、代々伝わるおでんの味噌ダレの作り方は、東町と開戸町で違いがある。

 昔は中学生も参加していたというが、いつからか小学4〜6年生が中心に。人数が少ない場合には3年生の男児が参加することもあり、今年は4〜6年生12人が参加した。

 東町は6年生3人と5年生1人が参加、人手を補うため中学生OBも手伝った。まとめ役の”大将”を仲良く務めた3人は「8日は雨が降っていたけど石が全部売れてよかった」「楽しかったよね」と振り返った。5年生の保護者は「昨年子ども会はなくなってしまったけど年の違う子同士が触れ合うこういう場は大事だと思う」と話した。

アツアツのおでんがよく売れた
アツアツのおでんがよく売れた

秦野版のローカルニュース最新6

合格願うお米今年も

合格願うお米今年も 社会

じばさんずで祈願祭

12月3日号

除菌スプレーを寄贈

飲食店組合

除菌スプレーを寄贈 社会

戸川の松下園に

12月3日号

フィンランドの遊びモルック

くずはの家

フィンランドの遊びモルック 文化

「棒倒しゲームで遊ぼう」

12月3日号

写るん会写真展

犯罪に強いまちづくり、交通死亡事故ゼロめざして

卓越した仕事ぶりで川崎市最高峰の「匠」に

【web限定記事】秦野西小、西中学校出身の塗装技能士・綾部淳さん

卓越した仕事ぶりで川崎市最高峰の「匠」に 社会

今年度「かわさきマイスター」の認定受ける

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フィンランドの遊びモルック

くずはの家

フィンランドの遊びモルック

「棒倒しゲームで遊ぼう」

12月11日~12月11日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook