秦野版 掲載号:2018年4月20日号 エリアトップへ

おおねふれあい館 大根地区の拠点開所 市内で3カ所目

社会

掲載号:2018年4月20日号

  • LINE
  • hatena
高橋市長から鍵を受け取る和田会長(左)
高橋市長から鍵を受け取る和田会長(左)

 大根地区に秦野市内で3カ所目となる地区拠点「おおねふれあい館」(下大槻220の5)が開設された。運営は大根地区新しい街づくり運動推進委員会(和田達藏会長)が行い、4月14日には開所式が行われた。

 地区拠点とは、地域住民のふれあいの場となることを目的に趣味や学習、会議、コミュニティルームとして利用できる拠点を整備するもの。秦野市・秦野市社会福祉協議会が推進しており、市内では鶴巻地区、西地区に次いで3カ所目の開設となる。

 大根地区では、2009年に自治会連合会や社会福祉協議会の会員などからなる「大根地区新しい街づくり運動推進委員会」を立ち上げ、その中で拠点づくりをめざしてきた。駐車場があり、地元住民が集まりやすい場所として広畑小学校向かいの空店舗(33平方メートル)を所有者のハラ書店(原秋穂社長)から借り受けることになり、拠点開設に向けた動きが活発化。和田会長の友人である竹内一春さんが塗装等の整備を一手に引き受け、役員や地域住民のボランティアによって手作りで同館を仕上げたという。

 開所式には和田会長ら同委員会のメンバーのほか、高橋昌和市長、神倉寛明県議会議員、藤村和靜秦野市社会福祉協議会会長、市議会議員らが出席。和田会長は「誰でも気軽に立ち寄れる場所として一生懸命活動し、軌道に乗せたい」とあいさつ。高橋市長から同館の鍵を受け取った。

 同館は今後、福祉や青少年、防犯・防災、環境、美化及びふれあいの場として活用される。当面は、月・水・金曜日の午前中をコミュニティルームとしてお茶会などに使用し、地域住民が誰でも立ち寄れる交流の場として使用する予定。また、火・木・土・日曜日の午後は、趣味や勉強会、各団体の会議などの利用を想定している。事前に団体登録を行い同委員会に申請をすれば、無料で利用することができるという。

秦野版のトップニュース最新6

愛称「はだのっ子キッチン」に

給食センター

愛称「はだのっ子キッチン」に 社会

市内中学生から募集

7月23日号

女性初のふるさと大使に

野球選手加藤優さん

女性初のふるさと大使に 政治

通算6人目、23日に就任

7月23日号

音楽通じて五輪身近に

本町公民館

音楽通じて五輪身近に 文化

歴代開催国の曲を演奏

7月16日号

シャッターで街を面白く

シャッターで街を面白く 社会

第1弾が7月中に完成予定

7月16日号

秦野にロープウェイ!?

秦野にロープウェイ!? 経済

市がベンチャー企業と協定

7月9日号

市内一部に被害

東海・関東豪雨

市内一部に被害 社会

土砂災害等に今後も警戒

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter