秦野版 掲載号:2018年6月22日号
  • LINE
  • hatena

戦時の体験を語る 「ゆりの会」が講演会

教育

なぎなたを手にする山田さん
なぎなたを手にする山田さん

 戦時の暮らしの苦労を知ってもらうことで、戦争の悲惨さを伝えようと、退職女性教職員で構成される「ゆりの会」による講演会が6月13日、秦野市立鶴巻中学校で開催された。

 この日は同中学の2年生122人が体育館に集まり戦時の生活を体験した人から直接話を聞いた。

語り手を務めた山田知江さんは、学校の軍事訓練の際に使ったなぎなたを持参し、生徒たちの前で振って見せた。

 また平塚市からきた伊藤由紀子さんは、終戦直前の1945年7月の平塚空襲の際、雨のように焼夷弾が降る中逃げ回った体験などを話した。

 話を聞いた生徒の1人は「戦争中は学校で勉強することが難しかったと聞いて驚いた。平和を大切に勉強できることを幸せに思いたい」などと話した。

秦野版のローカルニュース最新6件

就労移行支援事業所りんく 

障がいをお持ちの方の『働く』をサポート。就職でお困りの方はぜひご相談下さい!

http://www.hatanohp.or.jp/service/support_link/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月8日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

  • 2月22日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「東海道五十三次の旅」

「東海道五十三次の旅」

16日から浮世絵ギャラリーで

3月16日~4月14日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月9日号

お問い合わせ

外部リンク