秦野版 掲載号:2018年7月13日号
  • LINE
  • はてぶ

よさこいチーム「湘南一道麗(しょうなんいちどうれい)」 秦野の水表現し、奨励賞 270組が参加した祭りで

文化

YOSAKOIソーラン祭りで演舞する湘南一道麗
YOSAKOIソーラン祭りで演舞する湘南一道麗
 秦野市で活動するよさこいのチーム「湘南一道麗」が6月6日から10日に北海道で開催された「第27回YOSAKOIソーラン祭り」で奨励賞を受賞した。同賞には参加した全チームから10組だけが選ばれる。

 YOSAKOIソーラン祭りは、よさこい祭りの「鳴子」と北海道民謡の「ソーラン節」を組み合わせ誕生した国内最大級の祭り。毎年、国内外から、約270チーム2万7000人の参加者と約200万人の観客が集う。今回は276チームが躍動感あふれる演舞で会場を沸かせた。

 湘南一道麗は、2006年に同祭りへの参加希望者が集い結成。メンバーは、秦野市や平塚市に住んでいる18人で、そのうち約10人が65歳以上。「目いっぱいみんなで楽しく」をテーマに月に3回秦野市内の公民館で練習しているという。

 5回目の出場となる今回は、“日本一の秦野の水”を表現したという『湧水の舞』を披露。4分間の演舞を2日間計7会場で踊り、若者に負けない笑顔と、年齢を感じさせない切れの良い動きで、観客や審査員を魅了した。

 同チームでボランティア指導をする森悦子さん(68)は「嬉しいのひとこと」と受賞を喜んだ。同チーム代表の森健治さん(67)は「メンバーには、4歳の子どもやパーキンソン病の人もいて、誰一人欠けてはだめ。一人ひとりの頑張りが評価されたのかな」とにっこり笑った。

「困った」を「よかった」に

水のトラブル365日対応!住宅総合リフォーム・ガス・太陽光等はみどりやへ

http://k-midoriya.com

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6件

世界と日本で大活躍

マスターズ陸上大会

世界と日本で大活躍

10月19日号

車いす者と健常者がペアに

曽屋高で公開講座

曽屋高で公開講座

10月19日号

ざる菊大きさに挑戦

南が丘でハロウィン祭り

接戦制し関東へ

接戦制し関東へ

10月19日号

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク