秦野版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

丹沢ジビエの可能性模索へ 佐野会頭主催で試食会

社会

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena
ジビエ肉を試食する佐野会頭(左)ら
ジビエ肉を試食する佐野会頭(左)ら

 秦野の新たな観光資源として『丹沢ジビエ』の可能性を模索しようと、秦野商工会議所の佐野友保会頭が主催する「ジビエ試食会」が8月30日、渋沢駅北口のスペイン食堂ビバラーチョで行われた。

 丹沢には鹿や猪などの野生動物が多く生息しており、鳥獣被害なども問題となっている。佐野会頭はこの問題に着目し、新たな観光資源に生かせないかと「丹沢ジビエ」を提唱。ビバラーチョのオーナー・嶽石康昭さんも、地産地消の推進や他店との差別化などのためジビエを研究していたことから、今回、地元で味わってもらおうと、高橋昌和秦野市長や市川和雄秦野市観光協会会長らを招いて試食会を行うことになったという。

 当日は同店のスーシェフがコースメニューを組み立て、地産地消を味わってもらおうと(株)Shune365(平沢)の野菜や秦野名産落花生なども食材に使用された。メインのジビエ肉は、まず味や食感を味わってもらうため、ピジョン(鳩)と子猪、夏鹿、丹沢鹿を炭火焼きで提供。クセがない味や肉質の違いなどを体験し、参加者らは「肉自体が美味しい」「ジビエの印象が変わった」などと話した。

 高橋市長は「ジビエの可能性を感じた。鳥獣被害対策としても研究に値すると思う」と話す。鳥獣被害対策としても注目されるジビエだが、食肉として流通させるには鳥獣の捕獲から2時間以内に処理加工施設等への搬入が必要で、施設の建設はどうするかという問題もある。またブランド化するには、安定供給と安定消費が必要だ。

 嶽石オーナーは「山のまち・秦野のジビエ肉を提供できるよう、皆さんにも体験していただきたい」と話し、今後同店でのジビエフェアも企画しているという。佐野会頭は「試食をした皆さんの反応を見て手ごたえを感じた。商業者として需要を伸ばしていくことが役目。ジビエ料理を普及していきたい」と話した。

提供されたジビエ肉の炭火焼き
提供されたジビエ肉の炭火焼き

秦野版のトップニュース最新6

愛称「はだのっ子キッチン」に

給食センター

愛称「はだのっ子キッチン」に 社会

市内中学生から募集

7月23日号

女性初のふるさと大使に

野球選手加藤優さん

女性初のふるさと大使に 政治

通算6人目、23日に就任

7月23日号

音楽通じて五輪身近に

本町公民館

音楽通じて五輪身近に 文化

歴代開催国の曲を演奏

7月16日号

シャッターで街を面白く

シャッターで街を面白く 社会

第1弾が7月中に完成予定

7月16日号

秦野にロープウェイ!?

秦野にロープウェイ!? 経済

市がベンチャー企業と協定

7月9日号

市内一部に被害

東海・関東豪雨

市内一部に被害 社会

土砂災害等に今後も警戒

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter