秦野版 掲載号:2020年1月31日号 エリアトップへ

新東名高速道路スマートIC 本線完成にあわせ開通 2021年度の見通し

社会

掲載号:2020年1月31日号

  • LINE
  • hatena
(仮称)秦野SAスマートIC整備イメージ(当初予定)
(仮称)秦野SAスマートIC整備イメージ(当初予定)

 秦野市と中日本高速道路(株)東京支社は1月24日、新東名高速道路の(仮称)秦野SA(サービスエリア)スマートIC(インターチェンジ)について、伊勢原大山ICから秦野IC間の本線完成にあわせ、2021年度開通の見通しとなることを明らかにした。

 新東名高速道路の整備について、昨年8月に行われた第3回新東名高速道路連絡調整会議の中で、伊勢原大山IC〜秦野IC間までの本線開通が2020年度から2021年度に延期になると発表。あわせて、秦野IC〜御殿場IC間は2023年度の開通見通しとしている。

 同会議開催時には、横野・戸川地区で整備が進んでいる伊勢原大山IC〜秦野IC間の(仮称)秦野SAと(仮称)秦野SAスマートICは供用開始時期が未定となっていたが、今回、スマートICについては秦野SAに先行して整備することを決定。本線との同時完成をめざし、開通予定時期を2021年度とした。交通利便性の向上を図るほか、周辺地域の観光資源を活用した地域活性化、企業誘致による産業基盤の強化、災害時の支援体制の強化などの効果を見込んでいる。

 秦野SAスマートICは、ETCゲートを利用して出入りができるものとして、上り線、下り線にそれぞれ整備されるSAの駐車場に接続する形で整備されることになっていた。秦野SAの供用開始時期は未定のままであるため、本線から直接出入りできるようスマートICの整備を進めるという。

 スマートICはETCを搭載した車両が24時間通行可能で、全長12m以下の全車種が対象となっている。上り線は市道144号線に、下り線は市道146号線に接続し、工業団地などに通じる県道705号線へのアクセスも良くなる予定。

 秦野市と同社では「引き続き一日も早い開通に向け最大限の努力をしてまいりますので、ご理解ご協力のほどよろしくお願いします」と話している。

秦野版のトップニュース最新6

新プロジェクト始動

NPO法人丹沢を愛する会

新プロジェクト始動 社会

地域と自然繋ぐまち興し

2月14日号

復旧9月末めざす

市道18号三廻部

復旧9月末めざす 社会

台風19号での陥没道路

2月14日号

児童生徒の体力向上傾向

児童生徒の体力向上傾向 教育

全国調査の結果明らかに

2月7日号

低樹八重桜で安全収穫へ

低樹八重桜で安全収穫へ 社会

全国初ジョイント栽培始動

2月7日号

インフル再流行の兆し

インフル再流行の兆し 社会

学級閉鎖急増 学年閉鎖も

1月31日号

英語ぎらいをつくらない

上小英語支援事業

英語ぎらいをつくらない 教育

パサデナ友好協会が協力

1月24日号

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

岡本暁子ピアノリサイタル

岡本暁子ピアノリサイタル

4月11日 タウンニュースホール

4月11日~4月11日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク