秦野版 掲載号:2020年11月13日号 エリアトップへ

少年野球 千羽鶴持ち帰る 秦野ドリームス 県大初制覇

スポーツ

掲載号:2020年11月13日号

  • LINE
  • hatena

 10月24日まで大和スタジアムなど県内各地で開催された「高円宮賜杯第40回記念全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント神奈川県大会」(神奈川県野球連盟主催)で「秦野ドリームス」=写真=が優勝、各市代表として参加した32チームの頂点に立った。優勝チームは少年野球の甲子園とも呼ばれている全国大会へ進出できるため、今大会は言わば少年野球の甲子園神奈川県予選。しかしコロナ禍により、全国大会は中止となった。

 県大会も延期となるなか、秦野ドリームスの選手達は決して諦めず、コロナ禍で仲間達と野球ができなくても、自らに課した自主練を続け、仲間とSNS等で連絡を取り合りながら絆を強め、必ず野球ができる日を信じて取り組んできたという。そしてついに開催された県大会。県内トップクラスの強豪チームの打線を投手陣が継投でつなぎ、5試合7失点で抑え、鍛えられた好守から流れを掴み、全選手でフォローし合い、1チャンスを確実にものにするドリームス野球を見事発揮。一歩一歩トーナメントの階段を選手が一枚岩となって駆け上がり、創設21年目にして今大会初の優勝を掴み取った。

 大会に向けて保護者が願いを込めて千羽鶴を作るのが秦野ドリームスの伝統。敗戦すれば、千羽鶴を相手チームに託してきた。橋元秀彰監督は、何としても千羽鶴は持ち帰り続けると選手達と保護者に力強く誓ったという。石川健介主将は「この日のために毎週雨の日も休みなく練習してきました。接戦が多かったけど、ミスはカバーし合い仲間との連携で全員野球ができたと思います。コロナ禍でも気持ちを切らさなかったのが良かった。がんばれと言ってくれた監督、コーチ、僕たちに色々な事を教えてくれた先輩たちに感謝したいです」と話した。

 同チームは現在部員を募集中。連絡は090・1129・0297中島さんへ。

高橋まさかず

秦野を変える実現力。高橋まさかず 5つの誓い2022

https://takahashi-m.jp/

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6

秦野の良さを動画でPR

秦野の良さを動画でPR 教育

鶴巻小6年1組 総合学習で取り組み

1月14日号

ラグとピコに決定

ラグとピコに決定 スポーツ

eスポーツ協会のキャラ

1月14日号

「生の芸術を楽しんで」

「生の芸術を楽しんで」 社会

30日まで作品展

1月14日号

ポールウォーキング体験

ポールウォーキング体験 社会

参加者募集 2月13日

1月14日号

「年越しそばを楽しんで」

石庄丹沢そば茶屋本舗

「年越しそばを楽しんで」 社会

特養に乾麺400食を寄贈

1月14日号

交通安全の標語募集

交通安全の標語募集 社会

1月31日に締め切り

1月14日号

【おにのお面を作ろう】

1月13日・27日/0歳からの育脳教室くぼたのうけん秦野教室

https://www.kubotanouken-hadano.com

高橋昌和

秦野を変える実現力。高橋まさかず 5つの誓い2022

https://takahashi-m.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

中学生の優秀作並ぶ

中学生の優秀作並ぶ

1月22・23日 中学校美術展

1月22日~1月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook