秦野版 掲載号:2021年3月26日号 エリアトップへ

活動5周年の作品展を行う「水彩スケッチ四季」の講師を務める 岡田 ユキオさん 羽根在住 66歳

掲載号:2021年3月26日号

  • LINE
  • hatena

1枚の絵が人生を変えた

 ○…川崎市や秦野市などで水彩画の指導を続けて約20年。その教室の1つで秦野市文化会館を拠点に活動する「水彩スケッチ四季」の活動5周年を記念して31日から4日間、宮永岳彦記念美術館市民ギャラリーで作品展を開催する。「花と風景を中心に、明るく爽やかな作品が並ぶ。水彩画の透明感を感じていただければ」とうなずく。

 ○…東京都墨田区出身。生粋の”江戸っ子”で、「祭り囃子が聞こえると、朝からソワソワした」と笑う。父は七宝焼職人で、多彩な絵の具や緻密な図柄に囲まれて育った。中学生のときに廃業となり、エンジニアを志して工業高校に進学。卒業後は外資系企業に就職し、銀行などの大型コンピューターのメンテナンスを担当した。

 ○…仕事に追われていた20歳の時、本屋でふと目にとまった画集が人生を変えた。その1ページにゴッホの『アルルの跳ね橋』があった。「キラキラと輝きのあるその絵をみて、絵や色を渇望していることに気づいた」。休日は油絵や水彩画、陶磁器の絵付けを学び、個展を開くまでに力をつけた。40代で絵の道1本でいくことに決めて退職、磁器絵付けの教室を開いた。「妻に相談したとき、やってみたらと言ってくれた。明るくおおらかで、いつも救われている」と感謝の気持ちでいっぱいだ。

 ○…今は水彩画を中心に、約80人の生徒がいる。魅力を感じる題材は身近な花や風景。「秦野は山に囲まれ、自然が豊かで良い場所」。戸川公園で季節の移ろいを感じながら朝食をとることが楽しみの1つだとか。作品展の展示作は自身のホームページで1カ月間、公開するという。「絵は人と人をつないでくれる。オンラインも活用し多くの方に楽しんでもらえれば」と話した。

生活介護事業所 はみんぐ

県内初!運動療法を取り入れた障害者生活介護

https://www.hatanohp.or.jp/

<PR>

秦野版の人物風土記最新6

守屋 真一さん

秦野市内の魅力を再発見するイベントを企画している

守屋 真一さん

柳川出身 31歳

10月22日号

今井 しょうこさん

『マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル』を出版した

今井 しょうこさん

平沢在住 48歳

10月15日号

二上 貴夫(ふたかみ きふう)さん

秦野市俳句協会の第12代会長を務める

二上 貴夫(ふたかみ きふう)さん

千村在住 73歳

10月8日号

村上 志津子さん

秦野市レクリエーション協会の会長を務める

村上 志津子さん

堀山下在住 70歳

10月1日号

小菅 基司(もとし)さん

秦野市議会第66代議長に就任した

小菅 基司(もとし)さん

春日町在住 56歳

9月24日号

古藤(ことう) 涼平さん

小学生から大学生までの陸上クラブ「HappinessAC」の代表を務める

古藤(ことう) 涼平さん

南矢名在住 31歳

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 古木勝久(3期目)

    市議会議員9月市議会第3回定例会 一般質問

    古木勝久(3期目)

    環境都市常任委員会委員

    10月22日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林セラピー×スケッチ

森林セラピー×スケッチ

新企画の参加者募集

11月21日~11月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook