秦野版 掲載号:2021年10月1日号 エリアトップへ

ZOOM UP 子育て世代の強い味方 こども館の青少年育成指導員

教育

掲載号:2021年10月1日号

  • LINE
  • hatena
青少年育成指導員のメンバー
青少年育成指導員のメンバー

 乳幼児を育てる世帯が抱える「育児の悩み」。核家族化が進み、近所づきあいが薄れる昨今、誰にも相談できずに不安を抱えて孤立してしまうケースもある。秦野市では子育て世帯の悩みや不安に寄り添い、孤立化を防ぐために様々な事業を展開している。その1つが「はだのこども館」の子育て支援事業だ。

 同館の前身は、1989年に県から移管された青少年会館。2008年に、子育て支援と青少年育成の拠点として開館した。翌年からは未就園児のいる親子を対象にした支援事業「キッズおやこひろば」を開始。体操や紙芝居、歌など月に5回ほどイベントを開催している。「子どもの機嫌や体調を心配しなくて良いように」と事前予約不要、途中退室OKなのも特徴。他に夏休みに小学生の職業体験学習や絵画教室なども行っている。

 これらを企画・運営しているのが「青少年育成指導員」。教員免許や幼稚園教諭免許など、子どもに関する資格を持った会計年度任用職員(非常勤職員)だ。現在、こども館には5人の同指導員がいる。

 その一人、田中まり子さんは02年から勤務。元小学校教員で5人の子どものお母さん。「子育てが一段落した45歳のときにたまたま知人から紹介されて。今までのキャリアを生かせればと思った」と振り返る。

いつでも安心できる場所に

 青少年会館は中高生向けの施設だったが、「はだのこども館」は乳幼児の子どもがいる保護者などの子育て支援の機能も求められるようになったため、ベビーカーに乳児を乗せて休みに来る母親の姿が見られるようになった。「いつでも親子で気軽に集まれる場所が必要」と、館内に併設された子育て支援センターの休所日に「キッズおやこひろば」を開催。回を重ねるうちに常連も増え、当時参加していた乳幼児が成長して遊びに来ることもあるという。田中さんは「安心して子育てできる場所の1つになれば」と笑顔をみせた。

 10月は1日に歌、6日と20日に紙芝居と歌、8日と22日に体操のイベントが行われる予定。詳細はこども館【電話】0463・81・7011へ。

はだの地域福祉総合相談センター

「きゃっち。」相談員募集(問)秦野市社協0463-84-7711

https://www.vnhadano.com/

N響楽団員によるコンサート

新進建設モデルハウス「桧の香」で開催

https://shinshin-homes.com/

<PR>

秦野版のローカルニュース最新6

地域の健康の担い手として

地域の健康の担い手として 政治

秦野市食生活改善推進団体会長 飯田あや子

1月21日号

スイセンが見頃

スイセンが見頃 文化

震生湖弁財天近くで

1月21日号

坡州との交流の架け橋

坡州との交流の架け橋 社会

秦野・坡州友好協会会長 福森登

1月21日号

クラコンピアノで入賞

クラコンピアノで入賞 教育

下落合 クレッセントの2人

1月21日号

チア全国でW優勝

市内在住の吉浦姉妹

チア全国でW優勝 スポーツ

1月21日号

こども園に市長選啓発物

秦野市明るい選挙推進協議会

こども園に市長選啓発物 社会

園児通し保護者に周知

1月21日号

高橋まさかず

秦野を変える実現力。高橋まさかず 5つの誓い2022

https://takahashi-m.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

中学生の優秀作並ぶ

中学生の優秀作並ぶ

1月22・23日 中学校美術展

1月22日~1月23日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook