秦野版 掲載号:2022年4月15日号 エリアトップへ

議会報告 秦野赤十字病院の分娩業務停止から早7年、新しい手を打つべき時 秦野市議会議員 無所属 伊藤大輔

掲載号:2022年4月15日号

  • LINE
  • hatena

問 秦野赤十字病院の分娩業務が停止して7年経つがこの間どのような取り組みをしてきたのか。

答 【1】産科医師派遣の要望【2】寄附講座の要望【3】院内助産の検討

意見 いずれも試みたがダメだった。政治と医学は密接な関係にあり、誘致合戦は「政治」。引き続き、産科医師派遣の要望は継続するとしても、新しい策を講じるべき時。7年やってダメだったものが、同じやり方で8年目に事態が好転すると期待する方が間違っている。

 日本は今、深刻な医師不足。人口あたりの医師数が最も少ないのは、埼玉県、千葉県、茨城県、神奈川県などの関東地方。確かに東京都の医師数は多いが、周辺の県は全国で最も医師が不足している状況。わが国の医師の分布は「西高東低」であり、その原因は医師養成機関である医学部が圧倒的に西日本に偏在しているからである。

 「分娩業務の停止」は、何も秦野赤十字病院に限った話ではなく、医師不足は今後、日本全国どこでも起こりうる問題。一般的に、死亡率は70歳代半ばから急上昇する。わが国で75歳以上の人口がピークに達するのは2050年代。2010年と同じレベルに戻るには、2100年まで待たなければならない。そう考えると、今後80年間、医師不足は深刻な問題であり、我々は医師不足という、もっと根本的な部分に目を向けるべきなのではないか。

 日本の一部の医学部では、社会人を対象に学士入学制度を導入している。他学部を卒業している人を対象に、3年次からの編入を認めており、東海大学医学部にはこの制度がある。

 県内には4つの医学部があるが、3つが私立で、国公立は横浜市立大学医学部の一つだけ。私立大学医学部の学費は、2千万円〜5千万円(6年間)と高く、一般人にはとても払える金額ではない。

 そこで「自治医大方式」をご紹介したい。自治医大の6年間の授業料は2300万円だが、一般家庭の子どもが入学してくる。なぜなら大学が学生に学資を貸しているから。しかも卒業後の一定期間、僻地に勤務すれば、返済は不要になる。

 これを参考に、本市独自の奨学金制度を作ってはどうか。市が銀行から学資ローンを受ける入学者の保証人となればいい。銀行側にとっても、優良顧客の囲い込みにもなる。

 東海大学の学士入学制度への本市独自の奨学金制度の設立を検討してはどうか。

伊藤大輔

秦野市今川町2-15-404

TEL:0463-67-7673

https://respecto-hadano.wixsite.com/home

秦野版の意見広告・議会報告最新6

「我が人生の歩み」

なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

「我が人生の歩み」

第9回・ついに開店「なんつッ亭」

6月24日号

「我が人生の歩み」

なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

「我が人生の歩み」

第8回・老いた両親の姿に帰郷を決意

6月17日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月17日号

「我が人生の歩み」

なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

「我が人生の歩み」

第7回・無我夢中のラーメン修行

6月10日号

「我が人生の歩み」

なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

「我が人生の歩み」

第6回・熊本でついに衝撃の一杯に出会う

6月3日号

「我が人生の歩み」

なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

「我が人生の歩み」

第5回・目指すは九州 ラーメン修行の旅へ

5月27日号

子供達が健やかに成長できる未来

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook