神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
秦野版 公開:2024年3月15日 エリアトップへ

県政報告【3】 国定公園の利活用促進と労働力不足解消へ取り組む 神奈川県議会議員 谷かずお

公開:2024年3月15日

  • X
  • LINE
  • hatena

国定公園を憩いの場に

 昨年開催された第3回定例会で、丹沢大山国定公園のさらなる県民憩いの場の創出に向けた質問趣意書を提出しました。

 表丹沢のエリアに属する秦野市は「表丹沢魅力づくり構想」等を策定し同市の魅力向上に取り組んでいるが、丹沢大山国定公園をどのように捉え、県民憩いの場として活かすのか考えを伺ったところ「県は公園計画等に基づき施設の整備等を行い、秦野市とも連携して地域の魅力づくりに資する取組を進めている。引き続き施設の改善と丹沢大山国定公園の保護と利用の両立を図り、県民憩いの場として活用していただけるよう取り組んでいく」との回答を得ました。

県の人材育成の取り組み

 また、県内の企業で労働力不足や人件費の高騰が大きな課題となっている中、県では、かなテクカレッジ(県立総合職業訓練校)や県立工業高校において専門知識や技術を有する人材育成に取り組んでいます。黒岩祐治知事には、かなテクカレッジで労働力不足解消に向けた人材育成をどのように取り組むのか、教育長には県立の工業高校では人材育成にどのように取り組むのか所見を伺った。

 黒岩知事は「労働力不足が課題の各分野で活躍できる産業人材の育成として計31のコースを設けており、訓練生が希望する仕事に就けるよう取り組んでいる。全コースで業務効率化やデジタル化に対応できるスキルを習得できるようにしており、県内企業の労働力不足解消に向けて人材育成に努めていく」と回答。教育長からは「将来の地域産業を担う上で生徒が地域の企業等と連携して長期実習をし、人材不足が進む施工管理技術者育成に向けて学ぶプログラムを立ち上げた。今後、将来の地域産業を担う人材育成の方策を検討していく」との回答を得ることができました。

建設業の労働時間短縮

 また、建設・企業常任委員会では、令和6年4月の労働基準法の改正により時間外労働の上限時間が建設業にも適用されることとなるが、労働時間短縮に向けた取り組みはどのようか伺ったところ営繕計画課長から「建築工事は専門工事が細分化され書類提出の取りまとめに時間を要しているため負担軽減につながるよう押印不要や電子データでの提出を可能にするなど、様々なシステムを活用し週休2日制の導入に取り組んでいく」との回答を得ました。

 建設業には安全性と効率性の向上と、天候にも左右されやすい仕事であることから、適正な工期も求められる。受注者や業界団体からの意見を受け止め、建設業の担い手不足解消に向けて取り組むよう要望しました。

県の管理する丹沢大山国定公園
県の管理する丹沢大山国定公園
かなテクカレッジ西部(秦野市桜町)
かなテクカレッジ西部(秦野市桜町)

谷かずお

秦野市曲松1-3-13

TEL:0463-88-1008

https://tanikazuo.com/

秦野版の意見広告・議会報告最新6

ともにつくる秦野

議会報告 令和6年3月 第1回定例月会議

ともにつくる秦野

4月12日

創和会・市民クラブ 議会報告

秦野市議会会派

創和会・市民クラブ 議会報告

3月29日

国定公園の利活用促進と労働力不足解消へ取り組む

県政報告【3】

国定公園の利活用促進と労働力不足解消へ取り組む

神奈川県議会議員 谷かずお

3月15日

私たちの通学路や街づくりについて一緒に考えませんか?

意見広告

私たちの通学路や街づくりについて一緒に考えませんか?

秦野市議会議員 伊藤大輔

2月9日

出産のできる産婦人科医院の開院は市民力と職員力の合作である‼

市議会議員 吉村慶一 12月議会報告

出産のできる産婦人科医院の開院は市民力と職員力の合作である‼

1月5日

県民への医療提供体制の充実に取り組む

県政報告【2】

県民への医療提供体制の充実に取り組む

神奈川県議会議員 谷かずお

1月1日

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 10月27日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook