神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
秦野版 公開:2024年4月26日 エリアトップへ

秦野あきんど育成会の会長を務める 根倉 安史さん 東田原在住 52歳

公開:2024年4月26日

  • X
  • LINE
  • hatena

地域で”和”を次世代へ

 ○…市内の商店会に所属する店舗などの若手後継者によって発足されたあきんど育成会。「商人以外も入れるよう、表記はひらがなになっています」。設立当初のメンバーである自身も畳職人で、入船町で明治38年から続く「根倉たたみ店」の4代目。「次に市内で商売をやる人につなげていける組織にしたい。まずは自分たちが魅力ある店主にならないとね」。

 ○…末広小、本町中出身。当時から父親の現場についていき仕事を手伝っていたため、家業を継ぐことは自然と意識していたという。秦野南が丘高校(現・秦野総合高校)に入学したが「早く店を継ぎたい」との思いから中退して畳職人に。以来、35年以上畳の世界で働く。「張り替えや新調をして、喜んでくれる姿がやっぱり嬉しい」と仕事の魅力を語る。

 ○…消防団では25年ほど活動している。「地元の入船町が自治会も商店会も結束力があったから『自分も地域の一員』っていう意識は強いかな」。畳職人としての仕事の他に、市内各地のイベントに畳小物や飲食の出店をして、地域を盛り上げる一面も。コロナ禍が落ち着きイベントが再開した今、各地でひっぱりだこだ。「イベント出店は趣味みたいなもの。鶴巻の春まつりにも出店予定です」とほほ笑む。

 ○…「畳の需要が昔より少なくなっているから知ってもらうためには努力が大切」。アイデアを生かし、新しいことにも積極的に取り組む。会の異業種のメンバーと協力して自身の店で月1回、畳と和をテーマにしたイベントも10年ほど前に始めた。「それぞれが発信することで良い影響を与え合うことができると思う。まだまだできることはたくさんあるはず」。地域の”和”を強固に、未来につながる事業を模索していく。

秦野版の人物風土記最新6

中志(なかし) 陽一さん

令和6年度神奈川県県民功労者表彰を受けた

中志(なかし) 陽一さん

北矢名在住 71歳

7月19日

望月 こなみさん

「インハイ」を主催する学生団体E4の第6期代表を務める

望月 こなみさん

今泉台在住 17歳

7月12日

宇佐美 一生(かずお)さん

6月12日付で秦野市交通安全協会の会長に就任した

宇佐美 一生(かずお)さん

曽屋在住 75歳

7月5日

長村 公一さん

5月29日付で公益社団法人秦野市シルバー人材センターの理事長に就任した

長村 公一さん

戸川在住 73歳

6月28日

杉本 榮次さん

早稲田大学校友会・秦野稲門会会長に就任した

杉本 榮次さん

北矢名在住 79歳

6月14日

柏木 真一さん

5月14日付で秦野市商店会連合会の会長に就任した

柏木 真一さん

桜町在住 64歳

5月31日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook