都筑区版 掲載号:2017年7月27日号

都筑中央ボーイズ小学部・中学部

「兄弟」揃って全国へ スポーツ

それぞれ2日、14日に初戦

全国出場を決めた小学部(上)と中学部
全国出場を決めた小学部(上)と中学部
 都筑中央ボーイズ(前田幸長会長)の小学部が第48回日本少年野球選手権大会に、中学部が第11回全日本中学野球選手権大会(ジャイアンツカップ)に出場する。全国規模の両大会で「兄弟チーム」は日本一を目指す。

 都筑中央ボーイズは、区内の東方練習場を拠点に活動する硬式野球チーム。全国大会に数多く出場している強豪でもある。

2年ぶり5度目の挑戦

 小学部は6月、全国行きをかけて千葉・神奈川県支部予選に挑んだ。トーナメントの優勝チームに出場権が与えられる条件の下、小学部は順調に勝ち進み、同25日に北総ボーイズ(千葉県)との決勝戦を迎えた。この日は打線が好調。初回の三塁打から先制点を奪うと、相手の追随を許さず8-1の4回コールド勝ちで優勝した。出水輝人(きらと)キャプテン(小鮎小6年)は「油断しないで臨んだ。ティー(バッティング)と素振りを練習してきたから本番でも打てた」と振り返った。

 選手権初日は8月2日、富田林球場(大阪府)で大阪柴島ボーイズと対戦する。4年前、同選手権で創部以来の全国優勝を成し遂げている小学部は、2年ぶり5度目となる今回、再び王座を狙う。

夢の舞台で活躍誓う

 中学部が本選に駒を進めたジャイアンツカップとは、全国各地区の予選を潜り抜けた32の中学硬式野球チームが日本一を争うもの。前田会長曰く「中学野球の甲子園のような大会」だといい、夢の舞台に出場する喜びをにじませた。

 7月上旬に行われた神奈川県予選は、8チームのうち2勝した2チームに代表の座が与えられる。中学部が挑んだ2試合は取っては取られる激戦を繰り広げた末、両試合サヨナラ勝ちで辛くも勝利した。浅見祥翔(しょう)キャプテン(日吉台中3年)は「打つべきところで打てなかったのが反省点」と分析する。小学部同様バッティングに力を入れている中学部。1度に数千回行う素振り練習などで打撃を強化し、来月14日に川口市営球場(埼玉県)で迎える松原ボーイズ(大阪府)との本選初戦に備える。

 前田会長は「練習一つひとつの意味から考えてやってきたことを思い出し、勝って多くのことを学んでほしい」と熱意を込めた。

関連記事powered by weblio


都筑区版のトップニュース最新6件

「つづき・育なび」を開設

こども家庭支援課

「つづき・育なび」を開設

8月17日号

人手不足が深刻に

障害児・者外出ヘルパー

人手不足が深刻に

8月17日号

スポーツ「支える人」  育成へ

手口の多様化に注意喚起

都筑署管内「振り込め詐欺」

手口の多様化に注意喚起

8月10日号

林文子氏、大差で3選

横浜市長選

林文子氏、大差で3選

8月3日号

区内2人が全国へ

少女野球県 選 抜

区内2人が全国へ

8月3日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期から昭和の北山田から 第8回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

    8月17日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/