鶴見区版 掲載号:2017年7月27日号

鶴大生が「ことばの道案内」 社会

駅から大学の道のり音声で

距離を測定する学生
距離を測定する学生
 視覚障害者向けに、音声で目的地までの道のりを伝える「ことばの道案内」。認定NPO法人ことばの道案内が手がける、この音声案内を鶴見大学の学生たちが製作した。ルートは、JR鶴見駅西口と京急鶴見駅から大学までの2本。同法人と大学のホームページで公開されている。

 ことばの道案内は、同法人が、会員の視覚障害者とともに製作しているもの。東京都内や神奈川県内の駅から行政施設など、現在、2300以上のルートが作られている。

 鶴大までの道のりを製作したのは、今年4月に正式認定された同大サークルの一つ、情報バリアフリー推進会の学生たち。正式認定前、図書館の障害者サービスとして情報保障を学ぶ中、昨年8月、同法人の講習に参加。ことばの道案内の存在を知り、共同での製作にいたった。同法人によると、大学生が一からルートを作るのは初めてという。

視覚障害者と調査

 案内製作にあたっては、学年ごとにチームを構成。初めは学生だけで実地調査を実施し、その後、実際に視覚障害者を交えてチェックを重ねた。

 「時間など場面によって、人の流れと逆行するところがあったり、判断が難しかった」。メンバーの一人、星野ゆう子さん(4年)は振り返る。

 健常者は60%〜70%の情報を視覚から入手しているとされる。それができない視覚障害者は、その他の感覚が磨かれ、「風の流れから道が拓けたとわかったり、匂いから雨が降るとわかったりする」と同法人は話す。

 平山真衣さん(3年)は、視覚障害者と調査した際、「香りでモスバーガーがあることや、坂の加減も感じていた」と驚く。樋口茉里さん(2年)は「普段は通学路。どこを通れば安全か考えていなかった。大変だったけど良い経験になった」と充実した表情を見せた。

普及に協力も

 先月、同大を会場に行われた、視覚障害者のリハビリテーションなどについて研究成果を発表する「第26回視覚障害リハビリテーション研究発表大会」。出席した視覚障害者からは「道案内があって心強かった」「経路がイメージできて助かった」といった感謝の声が寄せられた。

 同法人は大学生の協力について「視覚障害を理解してもらえ、普及につながる」と歓迎。「今後もルート製作時に協力してもらえたら」とした。サークルの顧問で同大文学部の元木章博教授は「いずれ帰りの経路も作りたい。他の道案内のサポートも検討したい」と話している。

関連記事powered by weblio


ママを支え80年

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで取り組んでいます

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6件

東漸寺墓苑 限定区画販売

高級型墓石付き墓地 すべて込みで128万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月17日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/