神奈川区版 掲載号:2017年10月1日号
  • googleplus
  • LINE

羽生選手 恩返しに迫真の演技 アイスアリーナで4回転披露

スポーツ

氷上を舞う羽生選手
氷上を舞う羽生選手

 神奈川区制90周年を記念した「かめ太郎真夏の氷上カーニバル」が8月16日、横浜銀行アイスアリーナで開かれた。

 当日は2014年にソチオリンピックで金メダルを獲得したアイススケーターの羽生結弦選手がエキシビションを披露。区内在住の親子を中心に404人が迫真の演技に魅了された。子どもスケート教室では講師役で登場し、小学生らに声をかけながら指導も行った。

東日本大震災後練習拠点に

 宮城県出身の羽生選手は東日本大震災後の約8カ月間、恩師の都築章一郎さんがいる神奈川スケートリンク(当時)を練習拠点としていた。当時は練習の合間に隣接する反町公園に行っては、年下の子どもたちと鬼ごっこを楽しんだ。「このリンクで恩返しの意味も込めて滑りたい」と羽生選手は神奈川区制90周年記念事業実行委員会からの出演依頼を快諾した。

 エキシビションナンバーの『花になれ』の曲に合わせて4回転トウループ、3回転半(トリプルアクセル)、4回転トウループを組み込み、全て成功。ジャンプを決める度に会場からは歓声が響いた。

 羽生選手は「震災の時、このリンクを借りて何とか練習を続けることができました。少しでも皆さんが幸せになれるようにと思いながら滑らせていただきました」と会場に呼びかけた。

 控室では「東日本大震災が起きてから初めてスケートリンクに立ったのがこの場所だった。たくさんの人に声をかけてもらい助けてもらいながら滑っていたのを思い出します。神奈川区制90周年の記念イベントで滑ることができて光栄です」と話した。

 実行委員会の伊東満委員長は「90周年の記念事業として、羽生選手を招き、盛大に開催できましたこと、とても嬉しく思います。間近に演技をみた未来を担う子どもたちに元気や希望を持ってもらいたい」と願いを込めた。
 

かめ太郎を持ちポーズ
かめ太郎を持ちポーズ

神奈川区版のローカルニュース最新6件

交通安全功労者を表彰

優秀者45人を表彰

中学生税作文

優秀者45人を表彰

12月14日号

市内NPOが銀賞

障がい者の全国菓子コンテスト

市内NPOが銀賞

12月14日号

子どものサンタになろう

ベイホテル東急

子どものサンタになろう

12月14日号

政治活動30年祝う

政治活動30年祝う

12月14日号

「より親しまれる球場へ」

横浜スタジアム

「より親しまれる球場へ」

12月14日号

12/16家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民防災センターで20万人突破

市民防災センターで20万人突破

1月31日まで記念イベント

12月1日~1月31日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク