高津区版 掲載号:2017年8月25日号
  • googleplus
  • LINE

連載第一〇〇九回高津物語「帝京大学溝口病院」

 「帝京大学溝口病院」が、田園都市線高津駅前に移転してから、三カ月になる。

 東急ストア―高津店横の入り口を進むと、素敵なエントランス・ルームが現れ多くの人々がソファーにゆっくり座っていて、一見ホテルに来たかと、見間違う程である。

 エスカレーターで二階に上がると総合受付があり、受付を済ませると小型レシーバーを渡され全ての連絡はそこに入る仕組みになっている。病院内の何処にいても、順番のブザーが鳴るシステムになっている。

 だが従来の癖で、受診する先生の前の、診察順番を示すボードを見る癖があって与えられたブザーは、役立たない、私の中にあった。

 外を見ると、田園都市線が走行しているのが見えたり、こんなきれいな病院のベッドで、寝ていたら気持ちが良いだろうな等と、昔の事を考えていた。

 その昔、今の東急ストア高津店の場所には、玉川電車の「高津駅」の下りホームがあった。

 垣根を挟んだ広い土地には、三信製綿工場があり、布団の綿の打ち直しや精製の不始末があって、大火事を出して、それが原因で閉鎖してしまった。

 それを見て、現在の洗足学園音楽大学の前身・国策会社「日本光学川崎工場」が進出してきて、高津工場として、操業を開始する。

 こんな訳で高津周辺も、溝口駅に劣らず軍事化が進み北見方日本通信工業や、同じく八洲化学、岡本鉄工所、池貝鉄工所、高津製紙、滝川製紙等々に加え、平賀英治殆ど一人で作った二カ領用水沿いに、大中企業の社員寮が、次々にできた。

 長閑だった「玉川電車」も、戦争が激しくなるにつれて自他ともに変わらざるを得なくなり、大井町にある日本光学本社工場と川崎工場を結ぶ為、多摩川に架かる「二子橋」を補強、玉川電車に代って大井町線を溝の口駅まで延伸させた。

 かくて日本光学は、大井町線を、本社工場と川崎工場を繋ぐ自社専用車線として私有化し、社員の往き来を頻繁にして、一層の生産性向上を図った。

高津区版のコラム最新6件

高津物語

連載第一〇二一回

高津物語

11月17日号

高津物語

連載第一〇二〇回

高津物語

11月10日号

高津物語

連載第一〇一九回

高津物語

11月3日号

高津物語

連載第一〇一八回

高津物語

10月27日号

高津物語

連載第一〇一七回

高津物語

10月20日号

高津物語

連載第一〇一六回

高津物語

10月13日号

高津区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇二一回

    高津物語

    「宿屋」

    11月17日号

  • 高津物語

    連載第一〇二〇回

    高津物語

    「二子玉川」

    11月10日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク