八王子版 掲載号:2017年10月5日号
  • googleplus
  • LINE

先ごろ、52回目の「ビリヤード日本一」に輝いた

町田 正 さん

子安町在住 58歳

「勝負師」尽きることなし

 ○…7、8月と種目の異なるビリヤードの全日本選手権を連覇し「日本一」を52まで伸ばした。体力よりも精神力が問われる競技。窮地でも「自分のベストプレーができれば」と開き直る冷静さが第一人者の技術を高めさせる。「プラス思考なんだよね。どんな状況でもポジティブに考える。経験を積んだ分、若い時よりも今の方が強いかな」。最高位は1986年の世界第2位。自身にも負けたくないと思う気持ちも強さの要因となっている。

 ○…初めてボールを突くためのキューを手にしたのは8歳の時。アマチュア日本一に3度立ったことのある父親が、中町にビリヤード場を開いたのがきっかけだった。開店前に訪れ、ルールが分からないまま、兄弟たちとボールを突いた。自分の番になるとビリヤード台に広がる空間を独り占めできる満足感。すぐそこは遊び場となり、「もっと、うまくなりたい」という思いが芽生えるのに時間はかからなかったという。

 ○…第一人者として活躍する一方で、自身をビリヤード会の”広報部長”と自認する。いかにビリヤード愛好者を増やすか。TVや雑誌の取材を積極的に受け、競技に関連する書籍やDVDなどのプロデュースにもあたる。「子どもからお年寄りまで楽しめる競技。生涯スポーツとして最適なんですよ」。”部長”として、プレー中には見せないお茶目な一面を披露し、ビリヤード界の「新規客」獲得に貢献している。

 ○…もうすぐ還暦。だが、競技への情熱は尽きることがないという。ビリヤードを「長年連れ添った夫婦のようなもの」と例える。若い時は熱く、いまは同志のようなものと。目指すは、世界一の座。「競技の普及発展のためにも、私が勝ち目立たなければね」。ファンを楽しませるため、ボールを曲芸のように操るアクロバティックなプレーも得意とする勝負師。その道にまだまだ終わりは見えないようだ。

関連記事powered by weblio


八王子版の人物風土記最新6件

広瀬 美紀子さん

ピアニストで、音楽教室「八王子音楽院」(東町)の代表を務める

広瀬 美紀子さん

9月21日号

村内 道昌さん

チャリティバーゲンセールを今月開催する家具店「村内ファニチャーアクセス」(左入町)の会長を務める

村内 道昌さん

9月7日号

河村 優子さん

東京都写真館協会コンテストで最高賞の都知事賞を受賞した

河村 優子さん

8月24日号

青木 訓行(のりゆき)さん

市内の自然環境や歴史文化などを、子どもたちらが「学び」「体験」できる催しの実行委員長を務める

青木 訓行(のりゆき)さん

8月3日号

朝日 智子さん

本気の創業塾女性部会「リリエ」の代表を務める

朝日 智子さん

7月20日号

伊藤 裕司さん

先月、八王子市議会議長に就いた

伊藤 裕司さん

7月6日号

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月5日号

お問い合わせ

外部リンク