海老名版 掲載号:2014年9月12日号

有鹿小6年板垣翔大さん

ベイスターズJr.に選抜 スポーツ

海老名市からは初

12月の本番に向けて練習中
12月の本番に向けて練習中
 「2014横浜DeNAベイスターズジュニア」の最終メンバー18人がこのほど決まり、有鹿小学校6年生で有鹿バッファローズに所属する投手・板垣翔大さんが海老名市内からは初となるメンバー入りを果たした。

 ベイスターズジュニアチームは(社)日本野球機構とプロ野球12球団が連携し、2005年から開催している「NPB12球団ジュニアトーナメントENEOS CUP」の参加チームのひとつ。過去には桐光学園で甲子園に出場し、奪三振記録を樹立した東北楽天イーグルスの松井裕樹投手など、後にプロの舞台で活躍する選手も数多く輩出している。

 今年のセレクションには18人の選抜メンバー入りを目指し、県内外から660人が参加した。板垣さんは海老名市少年野球連盟の推薦選手としてエントリーし、投球や守備の技術を審査する二次選考、試合形式の最終選考を通過。ジュニアチーム結成10年目にして、海老名市内からは初となる選抜選手となった。

自信持つ直球は高校生並116キロ

 「周りは幼稚園や小学1年生で野球を始めた選手が多い中、しばらくは試合に出られなかった」とバッファローズの監督を務める父・大進さんは息子の翔大さんが野球を始めた小学3年生のころを振り返る。

 「頑張ったら上手になるよ」という監督の言葉を胸に、毎日、毎日、自主練習に打ち込んだという翔大さんは野球歴わずか3年だが、市内の注目選手に成長。恵まれた体格から投じられる直球は116キロと高校生並みの球速を誇るまでになった。

 36・7倍という狭き門を突破してのメンバー入りを受け、翔大さんは「セレクションにはレベルの高い選手を見て学ぶために参加したが、まさかメンバーに選ばれるとは思っていなかった。球のスピードには自信がある。コントロールに磨きをかけチームの勝利に貢献したい」と抱負を語った。

 8月31日に横浜市内で開かれた結団式で昨季からジュニアチームの監督を務めるベイスターズOBの鈴木尚典さんは「昨年の3位の雪辱を果たし、今年こそは優勝できるように頑張ろう」と選手たちに激を飛ばした。

 大会は12月28日から30日にかけて福岡ヤフオク!ドームで開催される。

海老名版のトップニュース最新6件

学生家賃や奨学金返済に補助

海老名市

学生家賃や奨学金返済に補助

1月20日号

市内2校からスポーツ表彰

神奈川県

市内2校からスポーツ表彰

1月20日号

北海道苫小牧市に納車

優成サービス開発「トイレカー」

北海道苫小牧市に納車

1月13日号

改装して1年、満足度8割

市立中央図書館

改装して1年、満足度8割

1月13日号

農林水産大臣賞を受賞

武井いちご園

農林水産大臣賞を受賞

1月6日号

新体制で事業スタート

海老名商工会議所

新体制で事業スタート

1月6日号

関連記事(ベータ版)

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

50回目の市民文化祭

50回目の市民文化祭

総勢1000人が参加

10月19日~11月5日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク