鎌倉版 掲載号:2013年2月15日号

冷水浴び荒行締めくくる 文化

長勝寺で大国祷会

見物客が見守る中、冷水をかぶる僧侶たち=2月11日、長勝寺
見物客が見守る中、冷水をかぶる僧侶たち=2月11日、長勝寺

 市内材木座の長勝寺で2月11日、世界平和や除厄開運、立正安国を祈願する恒例の大国祷会成満祭が行われた。

 千葉県市川市の法華経寺で昨年11月1日から行ってきた荒行を終え、長勝寺に帰ってきた26人の僧侶が、修行の仕上げとして6、7人ずつ4組に分かれ、境内の水行場で、大声で読経をしながら勢いよく水を浴びた。水行場周辺では多くの参拝客が手を合わせながら様子を見つめていた。

 荒行は100日間に及び、その間僧侶たちはかゆのみを口にし、毎日冷水を浴びるという。

 水行を行った修行僧の一人(41)は、「身を清めるため100日間水をかぶってきた。経の力をもって、檀家や信者に恩返しをしていきたい」と話した。

 1年の厄払いのために毎年、大国祷会の法要に訪れているという横浜市旭区の鈴木安広さん(73)は、「足が赤く腫れ上がっている僧もおり、修行の厳しさを感じる。年々、修行僧は少なくなっているのでは」と話した。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年3月24日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/