鎌倉版 掲載号:2014年5月30日号

国内外で活躍する鎌倉市出身のヴァイオリニスト

礒 絵里子さん

横須賀市在住

理想の演奏を追い求めて

 ○…若手実力派ヴァイオリニストの一人として、ソロに室内楽、オーケストラとの共演にと年間数十本の演奏会をこなし、全国を飛び回っている。6月1日には、鎌倉芸術館専属の弦楽アンサンブル「鎌倉芸術館ゾリステン」の一員としてステージに立つ。「日本を代表する演奏家と共演できる機会。私自身いつも刺激をもらっています」と故郷での演奏を心待ちにする。

 ○…父の仕事の関係で3歳から8歳まで長野県で過ごした後、鎌倉へ。ヴァイオリンを始めたのは5歳の頃。「練習は嫌いだったのですが、その頃から『一生続けていくのだろうな』という予感のようなものがありました」。桐朋女子高等学校、桐朋学園大学を経て、ベルギーのブリュッセル王立音楽院に留学しイーゴリ・オイストラフ氏に師事した。師の薫陶と本場の空気に触れ「思っていることを表現する力が付いた」と数々のコンクールで入賞を果たした。また異国での経験は心身ともに逞しくしたそうで「舞台でも『何とかなる』と思えるような度胸がつきました」と笑う。

 ○…多忙ななかでも、小・中学校への訪問演奏などアウトリーチ活動も積極的に行っている。「目の前で演奏すると子どもたちは目を輝かせて聞いてくれる。『クラシック』と構えずに、まずは音楽に身を委ねてほしい。そして喜びや悲しみといった音楽がもたらす豊かな感情を味わってもらえたら」と、深遠なその魅力を分かりやすく伝える。

 ○…現在は横須賀市在住。海が間近にありシーカヤックを趣味とする夫の影響で、先日はSUP(スタンドアップパドルボード)を体験した。「すごく面白かった。今年はぜひチャレンジしたい」とアクティブな一面をのぞかせる。そうした姿勢は音楽へのアプローチも同じ。「理想とする演奏はまだまだ先にある。でもそこに少しでも近づくため、自分自身の可能性を広げていきたい」と、これからも挑戦を続けていく。

鎌倉版の人物風土記最新6件

松永 虎太郎さん

映画甲子園競作部門で準優勝した『カメラを持って。』の監督を務めた

松永 虎太郎さん

1月20日号

岡村 信悟さん

(株)横浜DeNAベイスターズ代表取締役社長に就任した

岡村 信悟さん

1月13日号

大崎 厚郎さん

公益社団法人鎌倉青年会議所の新理事長に就任した

大崎 厚郎さん

1月6日号

長谷川 侑紀さん

ベストジーニスト一般新人部門でグランプリを獲得した

長谷川 侑紀さん

12月16日号

高橋 潤さん

ウォーキングイベント「かまくら歩き愛(め)です」を主催する

高橋 潤さん

12月9日号

冨田 弘美さん

2016年度県保育賞を受賞した

冨田 弘美さん

12月2日号

関連記事(ベータ版)

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「気軽に書道体験を」

「気軽に書道体験を」

市内二階堂で無料教室

12月13日~12月13日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月24日号

お問い合わせ

外部リンク