平塚版 掲載号:2017年3月30日号
  • googleplus
  • LINE

プロのバックコーラスとして活躍する

田中 雪子さん

市内出身 48歳

歌声で勇気届けたい

 ○…4人組ロックバンド「ワンオクロック」が、全国から集まった17〜19歳の男女1千人と一夜限りのステージを繰り広げた「ONE OK ROCK18祭」。1月にNHKで放送され、反響を呼んだこのイベントで、オーディションを通過した参加者たちの合唱指導を担当。昨年9月〜11月、東京・大阪・名古屋で練習会を重ねた。「歌が苦手な子たちにも必ず成功体験をさせたかった」と時に厳しく、親身に彼らと接した3カ月間。今も数百人とSNSでつながり「ゆっきーさん」と慕われている。

 ○…本職はプロのバックコーラス。24歳の時にオーディションに合格し、松任谷由実の全国ツアーに帯同した。その後、声量豊かな歌唱力が多くのアーティストに認められ、桑田佳祐や倖田來未、福山雅治といったトップアーティストのステージを彩ってきた。本業のほかにも活躍の場は多く、平塚市内でボイストレーニングの講師として個人レッスンもこなしている。

 ○…真土に生まれた。2歳上の姉が弾くピアノの音色に合わせ歌った幼少期。小学校の卒業文集には「動物にかかわる仕事がしたい。でも、なれるなら歌手になりたい」とつづった。大磯高校では軽音楽部に所属、ボーカルとして竹内まりやをよく歌った。「メインボーカルには自信がなかったけど、バックコーラスの仕事を知りこの道に挑戦しようと決めました」。本心と向き合い、高校卒業後から独学で歌に磨きをかけ始めた。19歳の時にはジャネット・ジャクソンにあこがれ、「日焼けサロンに通い詰めちゃいましたよ」となつかしい思い出を笑い飛ばす。

 ○…現在、横浜市青葉区に暮らす。コンサートで全国を飛び回る売れっ子に休みはほとんどなく、自宅で待つ2匹の愛犬が癒しだ。「これからも頂いたお仕事を一つひとつ一生懸命やるのみ。歌声で勇気をお届けできたら」。生き生きとした表情を輝かせながら、生涯現役を誓った。

関連記事powered by weblio


平塚版の人物風土記最新6件

杉岡 大暉さん

市立船橋高から今季ベルマーレに加入し、活躍している

杉岡 大暉さん

10月19日号

鈴木 雄介さん

サーフィンフォトグラファーとして平塚の海の魅力を発信している

鈴木 雄介さん

10月12日号

相馬 展之(のぶゆき)さん

オープン1周年を迎える「ららぽーと湘南平塚」の所長

相馬 展之(のぶゆき)さん

10月5日号

里見 邦博さん

10月3日〜8日、市美術館で写真展を開催するJRP湘南支部の支部長

里見 邦博さん

9月28日号

大関 めぐみさん

「フードバンクひらつか」を立ち上げ、食品ロスと貧困の問題に取り組む

大関 めぐみさん

9月21日号

松浦 貞雄さん

小学生バレーボールクラブ「神田ジュニア」の監督を30年以上務める

松浦 貞雄さん

9月14日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハロウィーンを先取り

ハロウィーンを先取り

22日、クラフトマーケットで

10月22日~10月22日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク