青葉区版 掲載号:2011年7月28日号 エリアトップへ

青葉の玄関口"たまプラ" 再開発後、注目度より高まる

掲載号:2011年7月28日号

  • LINE
  • hatena
鉄道建築協会「最優秀協会賞」を受賞した「たまプラーザ駅」
鉄道建築協会「最優秀協会賞」を受賞した「たまプラーザ駅」

 昨年10月に駅再開発事業を終え、新しく生まれ変わった「たまプーザ駅」。商業施設と直結した”大空間”の駅には毎日、区内外から多くの人々が買い物などに訪れている。青葉区の玄関口となる”たまプラ”は駅再開発後、話題の街としてより注目されているようだ。

たまプラ駅が鉄道建築協会「最優秀協会賞」受賞

 09年10月にリニューアルしたたまプラーザ駅(東京急行電鉄(株))がこのほど、(社)鉄道建築協会による鉄道建築協会賞の作品部門で、全国の鉄道事業者から応募された75作品の中から『最優秀協会賞』に選ばれた。

 地下3階、地上3階建ての同駅舎。駅前の再開発工事の一環として、一昨年7月頃から駅施設の改良工事が進められてきた。ショッピングモール「たまプラーザ テラス」との建築的融合を図ろうと、高さ25mの吹き抜けや広いコンコース(改札前広場)が取り入れられている。

 選考では、駅を降りた時に広がるダイナミックな空間や、ショッピングモールとの一体感、駅を挟んで街の南北を結ぶ人の流れ、交通ターミナルの乗り換えの利便性などが高く評価された。

 東急電鉄(株)はこれまでに副都心線渋谷駅、東横線元住吉駅ほかで鉄道建築協会賞に15回入選しているが、単独で「最優秀協会賞」を受賞するのは今回が初めて。

再開発後押し?路線価、県内唯一の上昇

 国税庁がこのほど発表した相続税などの算定基準となる「路線価」によると、「たまプラーザ駅前通り」(美しが丘1丁目)地点が前年比4・3%増と県内で唯一上昇した。この上昇率は全国で2番目となる。

 全国的に横ばいや下落が多い中、上昇を見せた「たまプラーザ駅前通り」。上昇の要因について東京国税局は、「再開発による影響があったからではないか」と推測する。地元商店街店主は「街が話題になるのは嬉しいことです。街の活気につながればいいですね」と期待を寄せる。
 

高さ25mの吹き抜け駅舎。空間を生かしたダイナミックな駅構内
高さ25mの吹き抜け駅舎。空間を生かしたダイナミックな駅構内

三浦ブランド認定 三富染物店

1833年創業老舗店「ヤマショウさんの手ぬぐい」。全て手染めの伝統が光ります

https://www.m-some.com

<PR>

青葉区版のコラム最新6

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第9回『花粉症の目の痒みの辛さはどうしたら?』

3月25日号

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第12回「生きる力の基礎は日常生活の中に知恵が」

3月25日号

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第11回「食育は生きる力の基礎を養います」

2月25日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第8回『目薬の上手な使い方を教えてください』

2月25日号

GIGAスクール構想の始動

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【13】

GIGAスクール構想の始動

桐蔭学園理事長 溝上慎一

2月25日号

歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.8

8/2家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

布や手芸品のリサイクル

布や手芸品のリサイクル

20日から「めぐる布市」

4月20日~4月27日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter