青葉区版 掲載号:2012年2月2日号
  • googleplus
  • LINE

神奈川県代表として第17回 全国男子駅伝に出場した 岡田 健さん あかね台中学校3年生

”第一線”で走り続ける

 ○…実業団の一流選手や今年の箱根駅伝に参加した選手など各年代のトップアスリートが出場する全国都道府県対抗男子駅伝。先月行われた同大会で、中学生が走る第6区・3Kmを神奈川県代表として襷(たすき)をつないだ。粘りの走りを見せ、なんとか順位を1つ上げたが「自分のところで順位を上げなければと思いすぎかたくなってしまい、納得出来る走りではなかった」と悔しそうに唇を噛み締める。

 ○…3000メートルの自己ベストは8分46秒。昨夏に行われた全国中学校陸上競技大会では7位の実力を持つ。小学校時代は運動会で花形のリレー選手。5年生の時にはこどもの国のロードレース大会で優勝した経験もあったが「中学1年の時は埋もれてました」と入部当時を振り返る。中学2年時、部活の朝練以外の日も朝食前に30分程度走る習慣を約1年続けた。「もっと練習しなければ早くなれない」と自分に言い聞かせた結果、その年の秋には市大会で5位に、今では県代表に選ばれるアスリートに成長した努力家だ。

 ○…「絶対に走り負けたくない相手がいる」―。自分より1分遅れて生まれてきた双子の弟・岡田望選手。陸上部の中長距離ランナーとして切磋琢磨する二人は身長172cm・体重51kgと同じ体型。同時参加のレースでは負けたことはなく「生まれたのも中長距離を始めたのも自分の方が早いので、そこだけはゆずれない」と60秒早く生まれた兄として弟をライバル視する。

 ○…陸上部顧問の先生に言われた言葉が忘れられない。「強い奴が勝つのではなくて、勝った奴が強い」。常にこの言葉を意識して練習に取り組んでいる。県代表として参加した全国駅伝からもトップアスリートの食事の仕方、ストレッチ方法など試合へ望む準備を見て学んできた。「高校や大学、社会人になっても第一線で戦い続けたい」。眼差しの先には箱根駅伝や日の丸を背負った自分が走っているのだろう。
 

青葉区版の人物風土記最新6件

酒井 沃子(ようこ)さん

15周年を迎える演奏会「65歳からのアートライフ」を開催する

酒井 沃子(ようこ)さん

2月1日号

吉村 春美さん

青葉区民生委員児童委員協議会会長として2月2日に講演会を開催する

吉村 春美さん

1月25日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月18日号

田中 綾さん

「市が尾 トコトコ スタンプラリー」を企画する

田中 綾さん

1月11日号

バラノヴスカヤ 紗衣(さえ)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の実行委員長を務める

バラノヴスカヤ 紗衣(さえ)さん

1月1日号

加藤 裕子(ひろこ)さん

23日に行われる「クリスマスジュニアコーラス」の指導・指揮を務める

加藤 裕子(ひろこ)さん

12月21日号

神奈川県議会議員 内田みほこ

備えあれば憂いなし!~準備万端に!自身も災害も将来も~

http://www.rose-miho.com/

ヴィンテージ・ヴィラ横浜

2/4・5・6個別見学会 神奈川県住宅供給公社の介護付有料老人ホーム

http://vintage-villa.net/yokohama/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月1日号

お問い合わせ

外部リンク