青葉区版 掲載号:2012年5月31日号
  • googleplus
  • LINE

今月、中国で行われた「世界女子ボクシング選手権」ライトフライ級に出場した 和田 まどかさん 田奈高校 3年生 

強く優しい拳闘ガール

 ○…最年少の日本代表選手として、世界のリングへ。『高校生で選ばれるなんてすごいことなんだからな』。全日本やアジア選手権ではチャンピオンを逃したが、将来性を買われ、連盟の強い後押しで大舞台に立てた。2回戦で世界ランク2位の選手に判定負けしたものの、手ごたえは十分。長い腕を生かした強烈アッパーで点差を詰めた。「勝てない相手ではないなって」。自信と達成感に満ちた笑顔をみせる。一緒に世界に臨んだタレントの山崎静代さんとも仲良し。互いに励まし合う仲だ。「しずちゃんのおかげで女子ボクシングの認知度が上がった。私も自分の姿を見て、憧れてもらえる選手になりたい」。

 ○…「相手を蹴り上げる姿がカッコよくて」。空手道場のチラシがきっかけで、小学校2年生で胴着に袖を通した。その後、女子ボクシングがオリンピック競技に加わったことを知り、男ばかりのジムの門を叩いた。「私もこの舞台に立ってみたい」―。みるみると頭角を現し、わずか2年で”期待の新星”にまで成長。その影には、両親の支えがある。「誰よりも自分のボクシングを分かってくれている」父と、バランスの良い食事をサポートしてくれる母。照れくさそうだが、感謝の気持ちでいっぱいだ。

 ○…刈り上げたショートヘアとパンツスタイルの制服姿が印象的。一見ボーイッシュだが、いざ口を開けば、表情豊かな可愛らしい女の子。明るくさっぱりとした性格で、男女隔てなく友達が多いことが垣間見える。「遠征から帰ってきたら、2歳の弟がたくさん喋れるようになっていて」。拳闘ガールのもう一つの顔は、優しい”お姉さん”だ。

 ○…『今のパンチ痛かったよ』と相手に言われることが、何よりの褒め言葉。「最大の夢はやっぱりオリンピック。同年代の仲間と目指したい」と、大学進学を志す。「まず国内の選手には負けられない」。強い気持ちで一歩一歩、勝利のゴングを打ち鳴らしていく。
 

青葉区版の人物風土記最新6件

酒井 沃子(ようこ)さん

15周年を迎える演奏会「65歳からのアートライフ」を開催する

酒井 沃子(ようこ)さん

2月1日号

吉村 春美さん

青葉区民生委員児童委員協議会会長として2月2日に講演会を開催する

吉村 春美さん

1月25日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月18日号

田中 綾さん

「市が尾 トコトコ スタンプラリー」を企画する

田中 綾さん

1月11日号

バラノヴスカヤ 紗衣(さえ)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の実行委員長を務める

バラノヴスカヤ 紗衣(さえ)さん

1月1日号

加藤 裕子(ひろこ)さん

23日に行われる「クリスマスジュニアコーラス」の指導・指揮を務める

加藤 裕子(ひろこ)さん

12月21日号

神奈川県議会議員 内田みほこ

備えあれば憂いなし!~準備万端に!自身も災害も将来も~

http://www.rose-miho.com/

ヴィンテージ・ヴィラ横浜

2/4・5・6個別見学会 神奈川県住宅供給公社の介護付有料老人ホーム

http://vintage-villa.net/yokohama/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月1日号

お問い合わせ

外部リンク