青葉区版 掲載号:2014年2月27日号 エリアトップへ

第42回ローザンヌ国際バレエコンクールで2位に入賞した 前田 紗江さん 青葉区在住 15歳

掲載号:2014年2月27日号

  • LINE
  • hatena

「悔し涙」重ね、自信に

 ○…「最終に進めただけでも信じられない。名前を呼ばれて初めて、じーんと嬉しさが込み上げてきた」。昨年のビデオ審査を経て、予選に出場した70数人のうち、最終選考に残ったのは20人。2年前、憧れの菅井円加(まどか)さんも輝きを放ったスイスの大舞台で、自分らしい演技を出し切った。

 ○…2歳年上の姉が発表会で着ていた衣装に魅せられ、たちばな台のキノウチ・バレエスタジオに小学1年生のころ通い始めた。体を動かすのが好きで、それまで体操や水泳を習っていたが、バレエ一筋に。小3で初めて発表会に出演し、「白鳥の湖」を踊った。「先輩たちがみんなきれいで、いつかは主役になりたいなって」。次第にコンクールで上位に食い込むようになり、小5のころからプロを意識し始めた。練習や本番で思うように踊れないと、悔しくて人目もはばからず泣くこともあったが、ひたすら練習に打ち込んだ。「できたときの喜びがあったから」。その一言に迷いはない。

 ○…中2のとき、コンクールの予選落ちを初めて味わった。「舞台で全然イメージどおりに踊れなくて」。周りを気にしてしまい「自分のペースで集中できなかった」と振り返る。「やれることは全てやり尽くそう」。本番直前までリハーサル室で最後の練習をするのが基本スタイルに。失敗したらどうしよう―そんな不安を一つずつ攻略して舞台に立ち続け、「楽しくてしょうがない」という境地に至った。

 ○…今秋、海外のバレエ学校に入学予定で、3年間学んだあとプロを目指す。「踊りを心から楽しんで、感動を与えたい」。熊川哲也さんも所属した英国ロイヤル・バレエ団で主役を演じるのが目標だ。表現力を磨こうと、プロダンサーの映像を見ては日々研究を重ねる。密かな夢は「いつか外国でのんびりすること」。休日は友達と買い物を楽しみ、大好きなアイドルグループの曲を聴く。笑顔と一緒に、女子高生の一面をのぞかせた。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6

安彦(あびこ) 栄子さん

「第25回青葉コーラスのつどい」を企画・実施するコーラス部会の部会長を務める

安彦(あびこ) 栄子さん

鉄町在住 65歳

6月27日号

小松 礼次郎さん

青葉区商店街連合会の会長に就任した

小松 礼次郎さん

美しが丘西在住 44歳

6月20日号

溝上 慎一さん

学校法人桐蔭学園の新理事長に就任した

溝上 慎一さん

都筑区在住 49歳

6月13日号

嶋田 桂以子さん

8代目「横浜スカーフ親善大使」に選ばれた

嶋田 桂以子さん

区内在住 42歳

6月6日号

小出 玄也さん

谷本公園の新園長として着任した

小出 玄也さん

神奈川区在住 25歳

5月23日号

植松 哲平さん

FMヨコハマの夕方の人気番組「Tresen」のメインDJとして3年目を迎えた

植松 哲平さん

岡山県岡山市出身 39歳

5月16日号

川内(かわうち) 美月(みずき)さん

第17代横浜観光親善大使に選ばれた

川内(かわうち) 美月(みずき)さん

青葉区在住 21歳

5月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月27日号

お問い合わせ

外部リンク