青葉区版 掲載号:2018年1月1日号 エリアトップへ

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の実行委員長を務める バラノヴスカヤ 紗衣(さえ)さん 横浜市在住 20歳

掲載号:2018年1月1日号

  • LINE
  • hatena

横浜から輝く未来へ

 ○…今月8日に行われる「成人の日」を祝うつどいに向け、公募で集まった委員会メンバー11人と共に昨年春から準備を進めてきた。式典のメインテーマはずばり「横浜」。在住や出身地が違っても横浜に縁(ゆかり)のあるすべての人の門出を祝いたいという思いが込められている。当日を迎える緊張よりも楽しみの方が大きいそう。「参加する方とその家族にとって式典が一生に一度の記念になったら」

 〇…「こういう時に手を挙げるほう」と実行委員長には自ら立候補。準備期間はテーマ決めのほか、新成人に配布する冊子と式典前に流す映像づくりに奔走してきた。特に冊子は、横浜発祥のグルメスポットやロケ地などをマップにするという企画の発案から取材・制作までメンバーでやり遂げた自信作だ。「スケジュール管理が大変だった。クーポンをつけてもらえるようお願いして回ったりもした」と苦労も多かったが、地元店主らとふれあい、横浜の魅力を再発見する機会にもなった。「やりたいことを全てやれた。早く見てもらいたい」と目を輝かせる。

 〇…瀬谷区生まれ保土ケ谷区育ちのはまっ子。「(家庭の都合で)名前は華やかだけど純日本人」と明るく返す。幼い頃から意志が強く「演劇の役を他の子に譲るのが嫌で、劇に出ようとしなかったことも」と照れ笑いを見せる。高3の時、飼っていたモルモットの病気がきっかけで獣医師の資格取得を決意。現在はウサギやハムスターなど数十匹のペットと暮らしながら日大獣医学科で勉学に励んでいる。「ボランティアとしてでもいい。動物の命を救いたい」。芯の強さは夢に向かう原動力でもある。

 〇…みなとみらい周辺は中高時代の通学路。思い出溢れる地を今改めて歩くと、また違った印象を受けるという。「自然と町が融合している。緑があってビルが立ち並ぶこの景観は、誰もが思い浮かべる横浜」。大好きな横浜から未来に向かって歩みを進める。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6

植松 哲平さん

FMヨコハマの夕方の人気番組「Tresen」のメインDJとして3年目を迎えた

植松 哲平さん

岡山県岡山市出身 39歳

5月16日号

川内(かわうち) 美月(みずき)さん

第17代横浜観光親善大使に選ばれた

川内(かわうち) 美月(みずき)さん

青葉区在住 21歳

5月1日号

畠中 槙之輔さん

横浜F・マリノスに所属し、3月にサッカー日本代表に初選出された

畠中 槙之輔さん

都筑区出身 23歳

4月25日号

大野 晶尚(あきひさ)さん

今春、青葉警察署長に着任した

大野 晶尚(あきひさ)さん

市ケ尾町在住 56歳

4月18日号

加々美 寛子さん

NPO法人の理事として、転倒予防教室を100回開催した

加々美 寛子さん

桜台在住

4月11日号

藤田 みささん

FMサルースでお馴染み、ラジオパーソナリティとして30年を迎えた

藤田 みささん

青葉区在住 52歳

4月4日号

山田 暢久さん

元日本代表で、4月に開幕するイトゥアーノFC横浜の監督に就任した

山田 暢久さん

埼玉県在住 43歳

3月28日号

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク