青葉区版 掲載号:2018年3月22日号
  • LINE
  • hatena

NPO法人「神奈川県転倒予防医学研究会」の理事長として、高齢者の元気づくりに取り組む 朝香 好平さん 荏子田在住 69歳

「転倒予防で幸せな最期を」

 ○…転倒すると高齢者は骨折しやすく、それが寝たきりの生活につながりやすい。元気で人生を全うするために、まずは転ばないことが大事。そう考えてNPO法人を立ち上げ、昨年3月からたまプラーザ地域ケアプラザで転倒予防の講習を開始。今春からはより活動を広げようと介護予防プログラム「青葉GOGOクラブ」をスタートさせる。

 ○…静岡県出身で幼少期に町田市へ。当時流れていたラジオの影響でジャズトランペットを始め、そのままプロの奏者として20代を過ごす。「人を感動させたかった」と懐かしそうに振り返るが、当時はライバルも多く、泣く泣く活動を断念することに。それでも家族の支えで立ち直り、30代で青葉台に経営コンサルタントの会社を設立した。「田園都市線が好きでね。乗っている人たちが自分の価値観に合っているんです」。多忙な日々を過ごす一方で、持病の腰痛が悪化。多くの治療院巡りや、入院の経験が転機となり、整体師への道を志す。現在は区内で6店舗経営する整体師として、青葉区民の「痛み」と向き合ってきた。

 ○…両親の死をきっかけに幸せな死に方を意識し始める。「好き勝手やっていた父親は5日間入院してそのままこの世を去り、苦労性の母親は2年半寝たきりで最期を迎えた。本当に幸せなのは、ピンピンコロリではないか」。そうした思いの中で「日本転倒予防学会」の講演を聞いて共感。最期を迎えるぎりぎりまで元気で過ごす手伝いをしたい。そう考えて5年前にNPO法人を立ち上げ、転倒予防の取り組みを始めた。

 ○…「転倒しないことが目標ではなく、健やかで心豊かに暮らすことが一番大事」。春からスタートするプログラムでは、転倒予防だけではなく高齢者に「わくわくできるようになってほしい」と居場所づくりも目指す。講演活動を趣味に挙げ「今後は転倒予防の運動を地域全体に広めていきたいですね」と微笑んだ。

青葉区版の人物風土記最新6件

さくらさん(本名:鈴木 葵さん)

「SOMPO パラリンアートカップ2018」で損保ジャパン日本興亜賞を受賞した

さくらさん(本名:鈴木 葵さん)

12月13日号

黒田 ナオコさん

3枚目のアルバムをリリースしたジャズシンガーで、地元でライブ活動を行う

黒田 ナオコさん

12月6日号

浦木 康雄さん

神奈川県美化運動推進功労者として表彰を受けた「藤が丘公園愛護会」の会長を務める

浦木 康雄さん

11月29日号

井上 摩耶さん

詩集『鼓動』で第50回横浜詩人会賞を受賞した

井上 摩耶さん

11月22日号

岩渕 俊亨(しゅんほう)さん

仏師として青葉区を中心に仏像彫刻の講座を開いている

岩渕 俊亨(しゅんほう)さん

11月15日号

今井 雅之さん

青葉音楽百景を企画・実施する器楽部会の会長を務める

今井 雅之さん

11月8日号

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月3日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク