青葉区版 掲載号:2018年4月12日号
  • LINE
  • hatena

4月1日付で青葉消防団の団長に就任した 松本 剛(たけし)さん あざみ野在住 69歳

「消防団の心」継承したい

 ◯…地域防災の要となる青葉消防団。本部部長、副団長を経て、この春に453人の団員を束ねる団長に就任した。補佐だった副団長とは違い、先頭に立つ重責に表情を引き締める。「日々訓練を重ね、地域住民と協力しながら区民30万人の安心安全を守っていきたい」

 ◯…元石川町で代々続く農家の長男として生まれる。幼少期は山や畑、田んぼしかなく、「早渕川の支流で釣りをしたり、凍った田んぼでスケートをしたりね」と懐かしむ。最初は会社員として働いていたが、「ゆくゆくは継ぐもの」と休みの日には家業を手伝い、35歳で農家を継いだ。そんな時に自治会長から誘いを受け、長年育った地域に対して貢献したいと二つ返事で消防団に。「どうして続けられたのか、あんまり考えたことがない」と、当たり前のように自分たちのまちを守ってきた34年間。「地域をよく知る人が災害時に当然のように出動する。ボランティアの枠組みを超えた、代々続く組織なんです」

 ◯…25年ほど前に元石川町で山火事があり、ホース片手に山を駆けずり回ったことも。一方で「そういうのはたくさんあっちゃ困る」と話し、大きな火災は数えるほどしかないと誇らしげ。現在は防災が活動の中心となり、いつか必ず発生する大規模災害に備え、受伝達訓練など準備は怠らない。「万が一の時には先頭になって地域の人を守っていければ」

 ◯…身体が動くまでは農家を続けると話し、「新しく栽培を始めたのらぼう菜(な)が人気でね。今がちょうど旬なんです」と笑みをこぼす。全国的に消防団員が不足する中、団長として青葉でもPR活動に力を入れたいと意欲を燃やす。「区内で働く人など男女問わず受け入れていく。自分たちのまちを守る”消防団の心”を広く継承していきたい」

青葉区版の人物風土記最新6件

新井 航世(はんせ)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

新井 航世(はんせ)さん

1月10日号

龍口 健太郎さん

1月1日に正式結団された青葉応援団の団長を務める

龍口 健太郎さん

1月1日号

飯島 智則さん

日刊スポーツ新聞社の記者として「イップスは治る!」を出版した

飯島 智則さん

12月20日号

さくらさん(本名:鈴木 葵さん)

「SOMPO パラリンアートカップ2018」で損保ジャパン日本興亜賞を受賞した

さくらさん(本名:鈴木 葵さん)

12月13日号

黒田 ナオコさん

3枚目のアルバムをリリースしたジャズシンガーで、地元でライブ活動を行う

黒田 ナオコさん

12月6日号

浦木 康雄さん

神奈川県美化運動推進功労者として表彰を受けた「藤が丘公園愛護会」の会長を務める

浦木 康雄さん

11月29日号

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

応援の魅力体験

応援の魅力体験

たまプラで1月27日

1月27日~1月27日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク