青葉区版 掲載号:2018年4月12日号
  • googleplus
  • LINE

4月1日付で青葉消防団の団長に就任した 松本 剛(たけし)さん あざみ野在住 69歳

「消防団の心」継承したい

 ◯…地域防災の要となる青葉消防団。本部部長、副団長を経て、この春に453人の団員を束ねる団長に就任した。補佐だった副団長とは違い、先頭に立つ重責に表情を引き締める。「日々訓練を重ね、地域住民と協力しながら区民30万人の安心安全を守っていきたい」

 ◯…元石川町で代々続く農家の長男として生まれる。幼少期は山や畑、田んぼしかなく、「早渕川の支流で釣りをしたり、凍った田んぼでスケートをしたりね」と懐かしむ。最初は会社員として働いていたが、「ゆくゆくは継ぐもの」と休みの日には家業を手伝い、35歳で農家を継いだ。そんな時に自治会長から誘いを受け、長年育った地域に対して貢献したいと二つ返事で消防団に。「どうして続けられたのか、あんまり考えたことがない」と、当たり前のように自分たちのまちを守ってきた34年間。「地域をよく知る人が災害時に当然のように出動する。ボランティアの枠組みを超えた、代々続く組織なんです」

 ◯…25年ほど前に元石川町で山火事があり、ホース片手に山を駆けずり回ったことも。一方で「そういうのはたくさんあっちゃ困る」と話し、大きな火災は数えるほどしかないと誇らしげ。現在は防災が活動の中心となり、いつか必ず発生する大規模災害に備え、受伝達訓練など準備は怠らない。「万が一の時には先頭になって地域の人を守っていければ」

 ◯…身体が動くまでは農家を続けると話し、「新しく栽培を始めたのらぼう菜(な)が人気でね。今がちょうど旬なんです」と笑みをこぼす。全国的に消防団員が不足する中、団長として青葉でもPR活動に力を入れたいと意欲を燃やす。「区内で働く人など男女問わず受け入れていく。自分たちのまちを守る”消防団の心”を広く継承していきたい」

9/28家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

2019年度の園児を募集!

横浜市認可保育園。キリスト教主義に基づく保育を実施しています

http://www.shalomhoikuen.com/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6件

飯島 幹雄さん

青葉公会堂の館長として、区民の文化活動を支える

飯島 幹雄さん

9月20日号

大迫 正行さん

青葉区認知症フォーラムで医師として講師を務める

大迫 正行さん

9月13日号

坂本 千春さん

画材「キットパス」のインストラクターとしてハンドスタンプアートプロジェクトの普及につとめる

坂本 千春さん

9月6日号

小泉 幸夫さん

新荏田連合自治会長に就任した

小泉 幸夫さん

8月30日号

黒沼 勤さん

あざみ野商店会協同組合の新代表理事としてあざみ野まつり成功に向け尽力する

黒沼 勤さん

8月23日号

金子 大さん

国際ロータリー第2590地区の2018-19年度ガバナー

金子 大さん

8月16日号

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク