青葉区版 掲載号:2018年4月12日号
  • googleplus
  • LINE

4月1日付で青葉消防団の団長に就任した 松本 剛(たけし)さん あざみ野在住 69歳

「消防団の心」継承したい

 ◯…地域防災の要となる青葉消防団。本部部長、副団長を経て、この春に453人の団員を束ねる団長に就任した。補佐だった副団長とは違い、先頭に立つ重責に表情を引き締める。「日々訓練を重ね、地域住民と協力しながら区民30万人の安心安全を守っていきたい」

 ◯…元石川町で代々続く農家の長男として生まれる。幼少期は山や畑、田んぼしかなく、「早渕川の支流で釣りをしたり、凍った田んぼでスケートをしたりね」と懐かしむ。最初は会社員として働いていたが、「ゆくゆくは継ぐもの」と休みの日には家業を手伝い、35歳で農家を継いだ。そんな時に自治会長から誘いを受け、長年育った地域に対して貢献したいと二つ返事で消防団に。「どうして続けられたのか、あんまり考えたことがない」と、当たり前のように自分たちのまちを守ってきた34年間。「地域をよく知る人が災害時に当然のように出動する。ボランティアの枠組みを超えた、代々続く組織なんです」

 ◯…25年ほど前に元石川町で山火事があり、ホース片手に山を駆けずり回ったことも。一方で「そういうのはたくさんあっちゃ困る」と話し、大きな火災は数えるほどしかないと誇らしげ。現在は防災が活動の中心となり、いつか必ず発生する大規模災害に備え、受伝達訓練など準備は怠らない。「万が一の時には先頭になって地域の人を守っていければ」

 ◯…身体が動くまでは農家を続けると話し、「新しく栽培を始めたのらぼう菜(な)が人気でね。今がちょうど旬なんです」と笑みをこぼす。全国的に消防団員が不足する中、団長として青葉でもPR活動に力を入れたいと意欲を燃やす。「区内で働く人など男女問わず受け入れていく。自分たちのまちを守る”消防団の心”を広く継承していきたい」

青葉区版の人物風土記最新6件

小出 重佳(しげよし)さん

4月1日に青葉区長に就任した

小出 重佳(しげよし)さん

4月19日号

川村 弘毅さん

「イトゥアーノFC横浜」の設立者で強化ディレクターを務める

川村 弘毅さん

4月5日号

Nicoさん(本名:大嶽邦子さん)

元藤原歌劇団所属で、教え子とともにフィリアホールでゴスペルコンサートを開く

Nicoさん(本名:大嶽邦子さん)

3月29日号

朝香 好平さん

NPO法人「神奈川県転倒予防医学研究会」の理事長として、高齢者の元気づくりに取り組む

朝香 好平さん

3月22日号

嶋田 千秋さん

横浜市内で初めてなでしこリーグ1部に参戦する日体大FIELDS横浜のキャプテンを務める

嶋田 千秋さん

3月15日号

皆川 幸成さん

「ビーコルセンター」をセンター北駅前に開設した(株)五人侍の代表取締役を務める

皆川 幸成さん

3月8日号

4/21家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

たまプラでジャズ

たまプラでジャズ

チャリティーライブ

4月27日~4月27日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク