青葉区版 掲載号:2018年6月7日号
  • LINE
  • はてぶ

6月9日に行われる「青葉ふれあいまつり」の実行委員長を務める 長谷川 雅一さん 鴨志田町在勤 35歳

「伝えあう」力を信じて

 ○…大きな体に穏やかなまなざし、柔らかい物腰に人柄がにじみ出る。障害者福祉施設を営む社会福祉法人グリーンに勤めて7年。障害のあるなしに関わらず世代を超えて楽しむ場を、と毎年行われている青葉ふれあいまつりで、初めて実行委員長を務める。「競技や演芸を楽しみ、自然と交流してもらえたら」。施設利用者や職員、ボランティアに地域住民と、たくさんのふれあいが生まれれば、と願いを込める。

 ○…函館で生まれ、幼少期に相模原市へ。姉との2人きょうだいで、上級生にいじめられたことも「楽しかった記憶」と笑うおおらかな性格の持ち主だ。中学時代に友人の父の影響でレコードにはまり、音楽好きが高じて25歳の時にレコード専門店「ディスクユニオン」で働いた経験も。Jポップやジャズ、歌謡曲とジャンルは問わないが「聞く専門。楽器は全然ダメ」と苦笑い。800枚集めたレコードは、結婚を機にプレーヤーごと処分したという潔さもみせる。

 ○…「『伝えること』がこの仕事そのもの」としみじみ語る。言葉での意思疎通が難しい中で、状況や表情、行動から利用者の思いを察し、何を伝えどう接していくのか。福祉=提供、だけではなく、相手の力や思いを引き出すには「待つ」ことも大切だと学んだ。1年、2年とともに過ごす中で少しずつ「伝わった」と実感することも。人として成長させてもらっている、と力を込める。「先入観を打ち砕いてくれるのも利用者さん。人と人とのぶつかりあいです」と晴れやかに笑う。

 ○…福祉の道に入ったのは同じ業界で働いていた夫人の影響。小1と1歳の子の4人家族で、休日も「寝る以外は外にいる」アクティブな日々を送る。「もともとはインドア。全部妻の影響です」と愛妻家の横顔をみせた。

青葉区版の人物風土記最新6件

平田 照(あきら)さん

青葉区暴力団追放推進協議会(暴追協)の会長として、9月に関東管区内暴力追放功労者として表彰を受けた

平田 照(あきら)さん

10月18日号

小菅 澄男さん

第30回「福祉と文化の集い」を主催する恩田地区社会福祉協議会の会長

小菅 澄男さん

10月11日号

武内 正枝さん

青葉区倫理法人会の会長に就任した

武内 正枝さん

10月4日号

飯島 幹雄さん

青葉公会堂の館長として、区民の文化活動を支える

飯島 幹雄さん

9月20日号

大迫 正行さん

青葉区認知症フォーラムで医師として講師を務める

大迫 正行さん

9月13日号

坂本 千春さん

画材「キットパス」のインストラクターとしてハンドスタンプアートプロジェクトの普及につとめる

坂本 千春さん

9月6日号

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク