青葉区版 掲載号:2019年4月11日号 エリアトップへ

NPO法人の理事として、転倒予防教室を100回開催した 加々美 寛子さん 桜台在住

掲載号:2019年4月11日号

  • LINE
  • hatena

「転倒予防」で毎日楽しく

 ○…高齢者の転倒事故を減らし、寝たきりの状態になるのを防ごうと、2013年に設立されたNPO法人神奈川県転倒予防医学研究会。転ばない身体づくりのためにと17年から始めた運動教室は3月に節目の100回目を迎えた。「長く続けられるか不安だった」と振り返るが、延べ参加人数は2200人に迫るほど。「皆さんに愛してもらえて、本当に感謝」と喜びを噛みしめる。

 ○…世田谷区出身。小学3年次に喘息の療養のため、桜台へ移住した。毎日30分駅まで歩き、半年後には丈夫で運動好きの元気な子どもに。生活が一変したのは高校1年の秋。電車の事故に巻き込まれ、足の切断も危ぶまれるほどの大怪我を負う。何度も手術を行い、リハビリを続けてきたが、障害は残り、高校は5年、短大は6年かけて卒業した。「大変だったけど、周りの支えがあったから、ここまでやってこられた。悲嘆せず、希望をもって楽しみながら、笑って毎日を送りたい」と語る。

 ○…今も日常的に松葉づえを使う生活。転倒の怖さは身に染みて知っている。だからこそ高齢者の転倒予防に「これだ」と衝撃を受け、活動に関わるように。トレーナーなどの役割はできないが、「転倒予防指導士」の資格を取り、裏方として教室運営を支えてきた。その思いは自分が受けてきた支えに対する恩返し。「いつまでも元気に過ごすため、そのお手伝いすることが私の役割だと思った」

 ○…保育士の資格を持ち、趣味は料理。親の介護から「食事補助はプロ級」と笑う。今や転倒死は交通事故死より多い時代。住み慣れた家で最期まで過ごせるよう手助けする活動を、今後もより多くの地域に広めていくのが目標だ。「高齢者が教室で誰かに会うだけでもその人の役割になる。生きる希望を持ってほしい」

青葉区版の人物風土記最新6

神谷 百(もも)さん

横浜繊維振興会による10代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

神谷 百(もも)さん

都筑区在住 19歳

5月19日号

ハマ リュウノスケさん

web劇団「ヨコハマヨリック」を主宰する

ハマ リュウノスケさん

青葉区在住 44歳

5月12日号

高橋 充さん

青葉区スポーツ推進委員連絡協議会の会長として市教育委員会表彰を受けた

高橋 充さん

荏田北在住 61歳

5月5日号

玉田 裕之さん

4月に桐蔭学園中等教育学校の校長に就任した

玉田 裕之さん

鉄町在勤 57歳

4月28日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

青葉区在住 50歳

4月21日号

天下谷(あまがや) 秀文さん

4月1日付で青葉区長に就任した

天下谷(あまがや) 秀文さん

青葉区在住 59歳

4月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    5月12日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook