青葉区版 掲載号:2019年4月11日号 エリアトップへ

NPO法人の理事として、転倒予防教室を100回開催した 加々美 寛子さん 桜台在住

掲載号:2019年4月11日号

  • LINE
  • hatena

「転倒予防」で毎日楽しく

 ○…高齢者の転倒事故を減らし、寝たきりの状態になるのを防ごうと、2013年に設立されたNPO法人神奈川県転倒予防医学研究会。転ばない身体づくりのためにと17年から始めた運動教室は3月に節目の100回目を迎えた。「長く続けられるか不安だった」と振り返るが、延べ参加人数は2200人に迫るほど。「皆さんに愛してもらえて、本当に感謝」と喜びを噛みしめる。

 ○…世田谷区出身。小学3年次に喘息の療養のため、桜台へ移住した。毎日30分駅まで歩き、半年後には丈夫で運動好きの元気な子どもに。生活が一変したのは高校1年の秋。電車の事故に巻き込まれ、足の切断も危ぶまれるほどの大怪我を負う。何度も手術を行い、リハビリを続けてきたが、障害は残り、高校は5年、短大は6年かけて卒業した。「大変だったけど、周りの支えがあったから、ここまでやってこられた。悲嘆せず、希望をもって楽しみながら、笑って毎日を送りたい」と語る。

 ○…今も日常的に松葉づえを使う生活。転倒の怖さは身に染みて知っている。だからこそ高齢者の転倒予防に「これだ」と衝撃を受け、活動に関わるように。トレーナーなどの役割はできないが、「転倒予防指導士」の資格を取り、裏方として教室運営を支えてきた。その思いは自分が受けてきた支えに対する恩返し。「いつまでも元気に過ごすため、そのお手伝いすることが私の役割だと思った」

 ○…保育士の資格を持ち、趣味は料理。親の介護から「食事補助はプロ級」と笑う。今や転倒死は交通事故死より多い時代。住み慣れた家で最期まで過ごせるよう手助けする活動を、今後もより多くの地域に広めていくのが目標だ。「高齢者が教室で誰かに会うだけでもその人の役割になる。生きる希望を持ってほしい」

青葉区版の人物風土記最新6

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月15日号

黒岩 大輔さん

青葉消防署長に着任した

黒岩 大輔さん

都筑区在住 49歳

4月15日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月1日号

鈴木 清一さん

奈良の丘小学校で農業指導を20年間続け、教育委員会表彰を受けた

鈴木 清一さん

恩田町在住 69歳

3月25日号

越田 美弥子さん

青葉区青少年指導員連絡協議会の会長として、2020年度の横浜市教育委員会表彰を受けた

越田 美弥子さん

すみよし台在住 67歳

3月18日号

李 誠雅(リ ソンア)さん

なでしこリーグ1部、日体大フィールズ横浜の新キャプテンを務める

李 誠雅(リ ソンア)さん

鴨志田町在住 21歳

3月11日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.komei.or.jp/km/gyota/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

布や手芸品のリサイクル

布や手芸品のリサイクル

20日から「めぐる布市」

4月20日~4月27日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter