青葉区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

令和を担う未来人 めざすはF1レーサー もえぎ野小1年の坂野君

社会

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
これまで獲得してきた数々のトロフィー
これまで獲得してきた数々のトロフィー

 小学1年生ながら数々のカートレースで好成績をあげ、未来のF1ドライバーを夢見る坂野太絃(たいげん)君(7)。令和の幕開けにあたり、将来の活躍が期待される坂野君にカートの楽しさやこれからの目標を聞いた。

 この4月からもえぎ野小学校に通う坂野君は、3歳から電動カートに乗り始め、4歳半からエンジン付きキッズカートのレースに出場してきた。トレードマークのウミガメの甲羅をデザインしたヘルメットとレーシングスーツに身を包み、身長113cm、体重19kgの小さな体で時速90Kmのカートを乗りこなしている。

 昨年は、キッズカートの登竜門といわれる三重県桑名市の「レインボーサーキット」のカップシリーズ・キッズクラスで、年間チャンピオンの最年少記録を更新した坂野君。カートの運転に「怖さはない」と笑顔を見せ、「カーブを曲がるときや他のドライバーを抜くときが一番面白い」と語る。

 そんな坂野君の練習を支えるのは、父親の陽一さん。「カートをやりたい」と意欲をみせる息子のため、保育園時代には週4回のペースで神奈川県足柄上郡にあるサーキットに送り迎えし、練習を支えてきた。「うまくいかず悔しくて泣くときもあるが、『もっと乗りたい』という息子を見て、小さなうちに技術を磨こうと家族で協力して続けてきた」と話す。「最近は勝ちたい気持ちが強いので、日本のトップドライバーになれるようサポートしたい」

 昨年からはさらに上級クラスのレースに出場して最年少で優勝を重ね、小学2年生以上が出場条件のレースにも特別推薦枠で出場するなど、活躍を見せる。今後はいよいよ世界を見据えたレースも始まってくる。

 「もっと速くなって、世界チャンピオンになりたい」と意気込む坂野君。所属チームの山田安宏監督は「教えたことを素直に守り、丁寧に安定して走る。このまま続けていけば、日本のトップクラスに入れるのでは」と期待を寄せている。

体感速度は時速180Kmにも及ぶ=久家均さん撮影
体感速度は時速180Kmにも及ぶ=久家均さん撮影

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

諸対策講じ受診率向上へ

市特定健診

諸対策講じ受診率向上へ 社会

無料化認知進む

6月20日号

県下ワーストの件数

振り込め詐欺

県下ワーストの件数 社会

区内被害額 1億円間近に

6月20日号

新劇場整備へ検討委設置

横浜市

新劇場整備へ検討委設置 文化

多面舞台備え集客効果狙い

6月13日号

商店主有志が「ハカ」に挑戦

商店主有志が「ハカ」に挑戦 経済

ラグビーW杯の盛り上げに

6月13日号

外遊びの安全確保に苦悩

横浜市内認可保育園

外遊びの安全確保に苦悩 社会

4割が狭い園庭

6月6日号

本当の「シンデレラ」って?

奈良町在住川田さん

本当の「シンデレラ」って? 文化

ギネスホルダーが本出版

6月6日号

外国人10万人超え

横浜市人口

外国人10万人超え 社会

多言語相談など支援強化

5月30日号

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

セカンドライフを考える

セカンドライフを考える

29日 山内地区センター

6月29日~6月29日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月20日号

お問い合わせ

外部リンク