青葉区版 掲載号:2019年9月26日号 エリアトップへ

10月14日に令和コンサートを行う「混声♪青葉」の代表を務める 藤雄 太久夫さん 西区在住 79歳

掲載号:2019年9月26日号

  • LINE
  • hatena

人生いつでも挑戦できる

 ○…平均年齢76歳の団員70人で構成する市民混声合唱団「混声♪青葉」の代表を務めて13年。「私一人では何もできない。仲間に助けられている」と謙遜するが、周りからの信頼は厚い。平成元年に発足した同楽団。10月14日に新百合ヶ丘のテアトロ・ジーリオ・ショウワで行う「令和コンサート」は、「新たな出会いと出発、令和に幸あれ」と題して新たな気持ちで歌い上げる。「出演者だけでなく、来てくれる方々が楽しんでもらえるように。そんなコンサートを届けられるよう、団員一同練習を重ねています」

 ○…定年退職するまで仕事一筋。音楽とは無縁な生活を送ってきた。合唱団との出会いは、退職後に会社員時代の先輩に誘われてコンサートを見に行ったのがきっかけ。楽しそうに歌っている先輩を見て、「こんな世界があるのか」と感銘を受けて飛び込んだ。それからあっという間の15年。発声練習や暗譜など苦労は絶えないが、一番の思い出は9年前に初挑戦したモーツァルトの名作オペラ『コジ・ファン・トゥッテ』。1時間にも及ぶ舞台で「オペラを観たこともなかったのに、70歳で初めて演技にも挑戦した。大変だったけど、自分が一皮剝むけたような貴重な経験をさせてもらった」と振り返る。

 ○…まさに第2の人生を謳歌している。佐賀県に生まれ、20年前から横浜市西区で暮らす。妻と娘も音楽にどっぷりハマった父親に「驚きながらも応援してくれている」とほほ笑む。合唱団の練習以外にも地域の老人会で卓球を教えたり、ウクレレを始めるなど、いくつになっても好奇心を絶やさない。「新しい挑戦が仲間との出会いや一緒につくる喜びを生む。定年後にこんなに楽しめるなんて。衰えてなんかいられないね」。温和な笑みで楽しそうに語った。
 

青葉区版の人物風土記最新6

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

5月7日号

大槻 茂久さん

今季から日体大フィールズ横浜の監督を務める

大槻 茂久さん

鴨志田町在勤 41歳

4月29日号

中山 芳子さん

「ぐるーぷ・もこもこ・青葉台」の代表を務める

中山 芳子さん

みたけ台在住 74歳

4月22日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月15日号

黒岩 大輔さん

青葉消防署長に着任した

黒岩 大輔さん

都筑区在住 49歳

4月15日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter