青葉区版 掲載号:2020年7月9日号 エリアトップへ

区内在住今村さん 「ゲストハウスを救いたい」 宿の魅力をSNSで発信

社会

掲載号:2020年7月9日号

  • LINE
  • hatena
自宅で日本一周を目指す今村さん
自宅で日本一周を目指す今村さん

 新型コロナウイルスの感染拡大により打撃を受けたゲストハウスを応援しようと、青葉区在住の大学生、今村柚巴(ゆずは)さん(20)が「オンライン宿泊」に参加する様子をインスタグラムで発信している。現在「宿泊先」は35都道府県を超え、日本一周を目指している。

 安価に宿泊でき、宿泊者同士が気軽に交流を楽しめるなど、旅行者に人気のゲストハウス。オンライン宿泊は、ビデオ会議サービスのZoomなどを使い、ゲストハウスと自宅を映像でつなぎ、直接宿に泊まらなくても旅行を疑似体験できるサービス。コロナ禍で旅行自体がしづらくなった状況から生まれ、少しずつ広がりを見せている。

 一般的にはゲストハウスのスタッフが宿泊者の目線でカメラを持ち、チェックインを体験し、宿内を巡る。参加者はゲストハウスのこだわりや現地の魅力を聞くだけではなく、オンラインで一緒に調理したり、参加者同士の交流も楽しめる。体験内容が宿によって様々なこともオンライン宿泊の魅力の一つ。1回あたり1000円程度を支払い、2時間前後の交流をする。今村さんは実際にオンライン宿泊に参加し、その様子をインスタグラムで発信することで、ゲストハウスや現地の魅力を知ってもらうことにつなげたいと始めたという。

自宅で日本一周

 今村さんは海外でトラブルに遭った際にゲストハウスに助けてもらったことがあるという。その経験からゲストハウスに感謝と魅力を感じ、帰国後はゲストハウスに宿泊しながら日本全国を巡ろうと思い立ったが、コロナ禍で計画は断念。ゲストハウス自体も経営難に苦しんでいることを聞き、恩返しできないか考えていたところ、和歌山県のゲストハウス「Why Kumano(ワイクマノ) Hostel&Cafe Bar」が提供するオンライン宿泊を知った。今村さんはインスタグラムで自身の体験を発信しながら自宅で日本一周することを決めた。

 今村さんはゲストハウスが公式開催しているオンライン宿泊に参加したり、開催していない場合には直接掛け合い、参加している。5月6日から始め現在35都道府県を超え、残りは12県。インスタグラムのフォロワーは700人近くなるが「もっと見てくれる人を増やし、ゲストハウスの力になりたい」と思いを語る。新型コロナが収束し、自由に旅行ができるようになった際には「オンライン宿泊したゲストハウスに実際に泊まりに行きたい」とし、「その様子もインスタグラムで発信できれば」と話す。

「PRありがたい」

 今村さんが参加したゲストハウスの1つ、岐阜県の「ホニャラノイエ」は今年3月に開業したが、コロナ禍で予約が入らず苦戦。そんな中で新しいつながりづくりと宿を知ってもらうきっかけになればとオンライン宿泊を始めたという。今村さんは初めてのオンライン宿泊の参加者でもあり、その活動に対しオーナーの加藤武留さんは「宿泊者の目線で宿の魅力を紹介してくれることはありがたい」と感謝を述べる。また「色々な人に宿を知ってもらうことで実際の宿泊につながれば」と語った。

 現在青山学院大学3年生の今村さん。将来は「ITで都市と地方を繋ぐ仕事ができればいいな」と夢を広げる。今村さんのオンライン宿泊の様子はインスタグラム@

yuzu_milk_iceで検索。

青葉区版のトップニュース最新6

100人の町史、書籍化へ

街のはなし実行委

100人の町史、書籍化へ 社会

クラファンで資金募る

6月30日号

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月30日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月23日号

街なかに「どうぞの椅子」

谷本地区

街なかに「どうぞの椅子」 社会

坂道途中などの休憩に

6月23日号

周辺区画の緑化進む

すすき野三丁目

周辺区画の緑化進む コミュニティ文化

緑のまちづくり、2年目

6月16日号

策定へ基本的方向発表

新たな中期計画

策定へ基本的方向発表 社会

市長公約「ゼロ」明示せず

6月16日号

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『まぶたのできものが中々よくならず困っています』

    6月30日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第25回「親が教育者、身近なことから“今”を教えよう」

    6月30日号

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook