青葉区版 掲載号:2020年7月30日号 エリアトップへ

専門医が分かりやすく解説 目のお悩みQ&A 「第1回」「白内障手術のタイミングを教えて下さい」

掲載号:2020年7月30日号

  • LINE
  • hatena

 患者さまに「白内障がありますね」と伝えると「いつ手術したらよいですか?」とよく聞かれます。白内障は目の水晶体というレンズが濁ってくる状態で、治すには手術をするしかありません。

 ただ、白内障があっても必ずすぐ手術しなければならない訳ではありません。いつ手術すべきかは『白内障の症状で困るようになった時』です。

 白内障は、濁りでかすんで見えにくくなります。明るい所で眩しさが強くなったり、夜になると急に見えにくく感じることもあります。近視や乱視も強くなり遠くが見えにくい、物がだぶって見える場合もあります。

 これらの症状で不自由を感じる時が手術のタイミングになります。困っていなければ無理に手術することはないですが、濁りが軽くても不自由と強く感じる場合は手術を考えた方が良いと思います。ひと昔前は視力がだいぶ下がってから手術をする方が多かったですが、パソコンやスマホが普及してきた現代ではより見え方の重要性が増し、以前よりも白内障が軽い段階で不自由さを感じて手術をされ、とても楽に生活できるケースが増えています。

 手術は濁った水晶体を取り除き、新しいレンズを入れ、10分程度で終了します。レンズで近視や遠視、乱視の見えにくさを調整することや、多焦点レンズを使うことで老眼の症状を改善するメリットもあります。

■たまプラーザやまぐち眼科/新石川3の14の14/【電話】045・913・0333/【URL】https://tamaplaza-eyeclinic.com/

青葉区版のコラム最新6

悠先生のちょっと気になる目のはなし

「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

悠先生のちょっと気になる目のはなし

5月12日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第22回『緑内障がある眼の白内障手術の注意点はありますか?』

4月28日号

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第23回「四季の移ろいと一緒に成長を楽しみましょう」

4月28日号

生活者起点のパークがオープン

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【20】

生活者起点のパークがオープン

桐蔭学園理事長 溝上慎一

4月28日号

悠先生のちょっと気になる目のはなし

「現代人に多い目の悩み」 コラム【9】

悠先生のちょっと気になる目のはなし

4月14日号

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第22回「4月は一度立ち止まり、成長を振り返りましょう」

3月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    5月12日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook