神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2024年5月9日 エリアトップへ

青葉土木事務所の所長に着任した 綱河 功さん 横須賀市在住 58歳

公開:2024年5月9日

  • X
  • LINE
  • hatena

街の発展 陰から支え

 ○…年間約5000件-。青葉土木事務所に寄せられる道路や公園、下水や河川に関する相談や陳情の件数だ。これは市内の土木事務所の中で最多だという。横浜市役所に入庁して36年。土木事務所に配属されるのも初なら青葉区に勤務するのも初。それでも「区民の改善を求める声には、できる限り逐次対応していきたい」。所長という大任にも自然体で臨む。

 ○…大学で学んだ造園を活かしたいと、自治体での造園職を希望。数多の内定の中から、急速な発展を遂げる横浜市を選んだ。キャリアの大半を都市デザイン室で過ごしたが、前任は市スポーツ協会への派遣。折しも東京オリンピックの期間で、サッカーの会場だった日産スタジアムを含む新横浜公園の管理にあたった。コロナ禍により実施時期や観客の有無など、連日変わる決定に苦慮しながらも対応。有観客を想定し準備に奔走したが、最終的に無観客となり残念な思いに駆られた。「ボールを蹴る音、審判の笛、選手の掛け声だけが響くスタジアム。不思議な光景でした」

 ○…妻、長女、長男と4人暮らし。家族仲は良く、今年に入ってからも全員で長崎旅行に出かけた。「なぜか代金は自分持ち。早く自立してほしい」と苦笑しながらも、どこか嬉しそう。歴史の痕跡を探すなど、ブラっと街中を散歩するのが趣味。「河原に行ったら、石をひっくり返して年代などを確認してしまう」と穏やかに笑う。

 ○…公園や緑地も充実し、多くの公園愛護会が活動する青葉区。街づくりに対しても、高い意識を感じるという。「街の問題を自分事として捉えていただいている。私たちにできるのはインフラの管理だが、可能な限り地域活動を盛り上げていきたい」。陰日向から今日も街を支えていく。

青葉区版の人物風土記最新6

吉村 望さん

小学生女子サッカーチーム「FCすすき野レディース」の代表を卒団する

吉村 望さん

すすき野在住 75歳

6月13日

斉藤 秀樹さん

青葉台連合自治会の会長に就任した

斉藤 秀樹さん

若草台在住 84歳

6月6日

川本 泰之さん

6月1日、2日に行われる第43回横浜開港祭実行委員会の委員長を務める

川本 泰之さん

中区在住 35歳

5月23日

岩田 武司さん

4月1日に2024年度神奈川県弁護士会の会長に就任した

岩田 武司さん

中区山手町在住 57歳

5月16日

綱河 功さん

青葉土木事務所の所長に着任した

綱河 功さん

横須賀市在住 58歳

5月9日

浅原 誠治さん

4月1日にオープンした多目的アリーナ「横浜BUNTAI」の館長に就任した

浅原 誠治さん

中区在勤 52歳

5月2日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「白内障や緑内障以外で60代以降に多い目の病気」 コラム【35】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    6月13日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook